農業経営

ネット販売における商品発送方法・一連の流れを初心者に解説!

ネット販売における商品発送方法・一連の流れを初心者に解説!
野菜のネット販売を始めたいんだけど、商品発送の一連の流れが知りたいな。必要なものや、発送する際のポイントをまとめて教えてほしい。

 

こんな方に向けた記事です。

 

本記事の内容

  • 商品発送時に必要なもの
  • 商品発送一連の流れとポイント

この記事は、千葉県船橋市にある農家さんのネット販売支援団体【ファームコネクト】が書いています。

 

2020年9月に創業とまだ若いですが【船橋市役所農水産課】様や【船橋市観光協会】様にも応援いただいている組織です。

 

HPを作成したり、SNS運用代行したり、web広告を運用したり…

 

様々な媒体を活用して、農家さんのIT進出をお手伝いしています。(全国対応可能です)

ファームコネクトのプロフィール
プロフィール

続きを見る

 

商品発送と聞くとなんとなく難しく感じるかもしれませんが、実際は非常にシンプルなものなので心配ありません。

 

とはいえ、商品発送を正しく行うかどうかによって顧客満足度・リピート率も変わってくるので、大切な部分であることに違いありません。

 

本記事では重要なポイントを分かりやすく解説していきますね。ぜひ読み進めていってもらえれば幸いです。

 

それでは参りましょう。

 

商品発送時に必要なもの

商品発送時に必要なもの

具体的な商品発送の流れについて解説する前に、準備しておくべきものをお伝えします。

 

結論から述べると、必要なものは以下のとおり。

  • 商品
  • 送り状
  • 梱包資材
  • (できれば)お礼状

それぞれ説明していきますね。

 

商品(農産物)

おそらくネット販売をしている農家さんは、ネット以外にも直売所や市場に野菜を卸しているケースがほとんどだと思いますので、在庫管理を徹底する必要があります。

 

「注文が入っているのに商品がない」なんてことがないようにしましょう。

 

また、枝豆といった鮮度が命の作物は、朝採りしたものを当日便でお送りできると良いですね。

 

送り状

送り状

↑これが送り状です。(ヤマト運輸)

 

あなたがメインで使っている運送会社の送り状を準備しておきましょう。

 

それぞれの営業所で貰えますし、あるいはネットにてダウンロードできます。

 

ちなみにヤマト運輸は「らくうるカート」というネットショップ開設サービスを提供しており、らくうるカートを使うと送り状の作成が非常に簡単です。

 

詳細は以下の記事で解説しているので良かったら参考にしてみてください。

農家さん向けに運送会社の選び方とおすすめの運送会社をご紹介
農家さん向けに運送会社の選び方とおすすめの運送会社をご紹介

続きを見る

 

また、印刷するタイプの送り状を利用する際はプリンターが必要となります。

 

梱包資材

商品を発送するには、商品を梱包する資材が必要です。

 

具体的には以下のものですね。

  • ダンボール
  • ガムテープ
  • 緩衝材

 

ダンボールは少量の注文でしたら(300個未満程度)、「ダンボールワン」という通販サイトでの購入がお得です。

 

量が多くなる場合はお近くのダンボール製造会社さんで購入する方が安くなります。

 

※ファームコネクトにお申し付け頂ければ「鈴木紙工」さんというダンボール製造会社を紹介できます。

 

緩衝材については、果物を送る場合に必要です。

 

(ダンボール内のスペース・野菜の種類によりますが)基本的に野菜を発送する際は緩衝材はなくても問題ありません。

 

葉野菜が緩衝材の役目を果たしてくれます。

 

ちなみに、ダンボールには農園のロゴを入れたり、あるいはロゴのステッカーを貼ると特別感が出て良いでしょう。

 

リピート率向上にもつながるので、ここはお金をかけるべき部分です。

 

お礼状

野菜通販のお礼状

商品にお礼状を同封すると印象アップです。リピート率向上につながります。

 

お礼はもちろん農園のこだわりを入れると、お客様からすると作物がより美味しく感じるはずです。

 

お礼状の作り方については以下の記事を参考にどうぞ。

野菜通販のお礼状はどう書くの?リピーターを増やす文面と施策とは
野菜通販のお礼状はどう書くの?リピーターを増やす文面と施策とは

続きを見る

 

商品発送方法・一連の流れとポイント

商品発送方法・一連の流れとポイント

必要なものを解説したところで、いよいよ一連の流れを解説していきます。

 

ここで全体像を把握して、当日はスムーズに発送していきましょう。

 

step
1
お客さまが商品を購入する

お客さまが商品を購入したタイミングで、受注メールが届きます。

 

受注メールが入ったら、発送作業に移ります。

 

step
2
お客さま情報を入手し、送り状を作成する

ネットショップの受注一覧ページを見て、どの商品が何個買われたかを確認して、それを元に送り状を作成する必要があります。

 

その際に、銀行振込やコンビニ決済といった「入金を確認してから発送する必要がある決済方法」を用いられていないか確認しましょう。

 

もし、銀行振込やコンビニ決済であれば入金を待つ必要があります。

 

ちなみに送り状は手書きでも作成できますが、手間が相当かかるためオススメしません。各運送会社が提供している送り状発行サービスの利用を推奨します。

 

運送会社ごとの送り状発行サービスについては以下をご覧ください。

 

step
4
作物を収穫し、梱包する

作物を収穫したら、一つずつ丁寧に梱包しましょう。

 

その際に、ダンボールに送り状を貼っておくのがオススメです。

 

送り状を見ればどの商品を入れれば良いのか把握できるので、作業がスムーズになりますよ。

 

また、お礼状はダンボールの上側、つまりダンボールを開けたら1番最初に目に止まる場所に入れるのが吉です。

 

step
4
商品の発送をする

農家さんが都合の良い日に発送しましょう。

 

できれば注文をもらってから2〜3日以内には発送できるようにしたいところです。

 

発送は、お近くの運送会社の営業所に持ち込むか、集荷に来てくれる場合もありますよ。

 

また、野菜を最も美味しい状態で届けられる当日便がオススメです。

 

ちなみに当日便ができるのは、ヤマト運輸と日本郵便。佐川急便は当日便に対応していないので注意が必要です。

 

※発送が完了したら、ネットショップの発送完了ボタンも忘れずに更新しておきましょう。

 

step
5
アフターフォローをする

お客さまに商品をお届けしたら終わりではありません。アフターフォローを行って少しでも満足度を上げる必要があります。

 

具体的には、お客様の声を吸い上げる環境を整えるのがオススメです。

 

SNSで購入者とメッセージを交わしたり、あるいは農園のホームページにアンケートフォームを設置して、購入者からフィードバックをもらうと良いですね。

 

これを繰り返せば自ずと顧客満足度が100%に近づいていき、売上が安定します。

 

ネット販売時の商品発送方法・流れとポイントまとめ

ネット販売における商品発送方法・流れとポイントを初心者に解説!

以上、ネット販売における商品発送の一連の流れについてでした。

 

最初は少し難しく感じるかもしれませんが、流れ自体はシンプルなので慣れれば非常に簡単です。

 

ぜひ本記事を参考にしてスムーズに梱包・発送していただければと思います。

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

※ネット販売関連の知識を以下にまとめているので、よかったらご覧ください。

農家さんによる野菜・果物(農産物)ネット販売の流れ!【保存版】
農家さんによる野菜・果物(農産物)ネット販売の流れ!【保存版】

続きを見る

 

農家さんのネット販売を支援しています

船橋市役所農水産課

船橋市観光協会

  • 新しく販路を開拓して農園の収益をアップさせたい
  • ネット販売に興味があるけど最適な方法が分からない
  • 誰かに頼みたいけど、騙されたりしたら怖いし、信頼できる人や会社が分からない
  • 販売はプロに任せて自分は生産に集中したい

こんな農家さんに向けて、本サイトの運用団体であるファームコネクトはネット販売を支援しています。

 

サポートしている農家さんの中には、ネットでの発信を開始して1ヶ月半で日商29万円を記録したり、半日で売上36万円を達成した農家さんも。

 

↑実際の受注画面。販売開始と同時に注文の嵐が吹き荒れました。

 

ファームコネクトは農業専門のネット販売サポーターとして、「農作物の販売」に特化したノウハウを駆使することで農園の収益アップに貢献します。

 

少しでも興味のある方はサービス詳細ページをご覧くださいませ。

\詳細はこちらから/

サービス詳細を見てみる

料金やサービス内容、よくある質問等を記載しているページに移行します。

-農業経営
-

© 2021 ファームコネクト