スマート農業について学べるおすすめ本10選【2022最新版】

スマート農業について学べる本を厳選してご紹介【2022最新版】
農業経営の無料お役立ち資料

スマート農業について本を読んで勉強したいけど、良い本が分からない。

オススメの本があれば教えてほしい。

こんな方に向けた記事です。


この記事は農園のWeb活用支援団体ファームコネクトが書いています。


ネット販売の代行、ホームページ制作、クラウドファンディング支援など、農業特化のWeb事業として様々なサービスを展開しています。


野菜で月次売上200万円、とうもろこしで日次売上100万円超えなど、多数の販売実績があり、行政とも提携している組織です。

ファームコネクトの事例紹介


私たちのクライアントにも、スマート農業でトマトやいちごを栽培している生産者様が複数おられます。


そんな生産者様にヒアリングした内容をもとに、スマート農業について学べる本を厳選して紹介していきます。

目次

スマート農業について学べる本①:一次産業の課題解決へ地域IoT – 農業、林業、畜産業、水産業から始まる街づくりへの挑戦

デジタル化が遅れ気味といわれている一次産業の分野で、loTを活用することで作業効率化・技術継承などに取り組んだ、注目すべき事例が紹介されています。


厳しいビジネス環境の克服と、持続可能な新しい事業のあり方にチャレンジする人への取材やインタビューをもとに、さまざまな工夫やアイディア、今後の展望が丁寧に記載されていますよ。

スマート農業について学べる本②:スマート農業のすすめ〜次世代農業人【スマートファーマー】の心得〜

この本は、農業の課題を解決するために注目される「スマート農業」について網羅しています。


著者はスマート農業の利活用促進、人材の育成を目的とした「日本農業情報システム協会(JAISA)」の設立者であり現理事長。



スマート農業に興味がある方から実践したい方まで、
スマート農業を知りたいすべての人におすすめしたい1冊です。

スマート農業について学べる本③:2030年のフード&アグリテックー農と食の未来を変える世界の先進ビジネス70ー

世界的に成長が著しい「フード&アグリテック」を、次世代ファーム、農業ロボット、生産プラットフォーム、流通プラットフォーム、アグリバイオの5分野に区分けし、各分野の市場動向と先進事例、2030年までの市場規模予測と事業展望を示した1冊。


世界の先進スタートアップ/企業70社の事業概要やビジネスモデルも記録されていますよ。

スマート農業について学べる本④:マッキンゼーが読み解く食と農の未来

世界的なコンサルティング企業マッキンゼーによる大局観が得られる農業戦略白書。


顧客に多くの世界的農業関係企業を抱えているマッキンゼーは、食糧・農業動向の分析には実績があります。


さらに、ここ数年の日本農業への法人参入を受けて農業ビジネス改革のレポートも公開しています。


これまで蓄積されてきたマッキンゼーの食糧・農業関連の知見がまとまっており、世界動向が日本に及ぼす影響も解説する内容です。

スマート農業について学べる本⑤:図解よくわかるスマート農業-デジタル化が実現する儲かる農業-

本書は、農業ビジネスの始め方やスマート農業導入ステップの解説など、実用段階にある「スマート農業」に焦点を当てた1冊です。



著者が所属する日本総合研究所が行なっている、栃木県茂木町における先進農業モデルの調査・研究・提案についても触れられています。

スマート農業について学べる本⑥:図解でよくわかる スマート農業のきほん: 最新農業の基礎からドローン技術習得、作業記録と生産管理、新規参入まで (すぐわかるすごくわかる!)

スマート農業を図解で俯瞰できる1冊。


基本的な知識から応用的な内容までカバーされており、農業分野の岐路に立つ方々の指標となる情報がわかりやすくまとまっている、スマート農業の教科書です。

スマート農業を学べる本⑦:スマート農業バイブル~『見える化』で切り拓く経営&育成改革

こちらの本では、ハイパースペクトルカメラやドローン、衛生などを用いた映像・画像技術をはじめ、温度や湿度、土壌水分などの環境データを収集・計測する各種センサー、クラウド技術などを駆使したスマート農業技術が多数紹介されています。



就農者の方はもちろん、これから農業に参入したい方にとっても実用的な生産手引きです。

スマート農業を学べる本⑧:スマート農業の大研究 ICT・ロボット技術でどう変わる?

ロボットによる耕作・草刈り・収穫、ドローンによる農薬散布、遠隔操作での水田管理など、
スマート化する日本の農業について写真やイラストを用いてわかりやすく解説した1冊です。



日本の農業の現状とあわせて学ぶことができますよ。

スマート農業を学べる本⑨:図解&事例 スマート農業が拓く次世代の施設園芸 スマート化による生産性向上の事例集

ガラス温室やビニールハウスで自然環境条件を制御しつつ栽培を行う施設園芸と、ロボットやAIを活用して高品質生産を実現するスマート農業。


本書では、両者にかかわる技術と動向を、図解と事例を用いてわかりやすく解説されています。

スマート農業を学べる本⑩:新スマート農業―進化する農業情報利用

スマート化技術の現状と今後の展望を、サービスごとにわかりやすく解説した1冊。


農業生産のみならず、営農・地域社会や農業データ活用、農村、人材育成など、さまざまな観点でのスマート化について学ぶことができますよ。

スマート農業について学べる本まとめ

以上、スマート農業を学べる本をご紹介しました。

先進技術と聞くと難しそうに感じますが、導入によるメリットは多くあります。

ご紹介した本が、スマート化へ理解を深める第一歩となれば幸いです。


それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

無料のお役立ち資料がございます

2020年9月の創業以来、ファームコネクトは多数の農園のネット販売を支援してきました。

実績の一例を挙げると、以下の通りです。

  • 開園3年目の新規農園で月次150万円売上
  • とうもろこしで日次売上100万円超え
  • 枝豆を1日で130kg販売し、売上38万円
  • トマトを販売開始後24時間で20万円売上

※いずれも収量の関係で途中で販売停止。
※この実績は一部です。

ネット販売は地域での販売と異なり、全国を相手に商売できるので売上に上限が(ほぼ)ございません。


そのため、うまく活用すれば下記のように大量のご注文を得ることができるのです↓

※こちらは1日で100万円以上のご注文を受けた際の画面。

このたび、多くの販売実績を残してきたノウハウを、無料のお役立ち資料(全6冊)にまとめました。


農園の直販売上アップに少しでも興味のある方は「無料お役立ち資料ご請求ページ」からご請求いただけますので、よければご覧くださいませ。

※資料は予告なく公開を停止、あるいは有料化する場合がございます。

\ 資料はこちらからどうぞ /

会社概要

商号株式会社リタテラス
事業名ファームコネクト
創業2020年9月2日
設立2022年1月13日
資本金1,200,000円
所在地東京都渋谷区道玄坂1-10-8
渋谷道玄坂東急ビル2F-C
事業内容Web制作
Web集客支援
シェアはこちらから

↓コメントお待ちしております↓

コメントする

CAPTCHA


目次