農業経営

【農業の儲け方が知りたいあなたへ】個人農家が稼ぐ5つのコツ

【農業の儲け方が知りたいあなたへ】個人農家が稼ぐ5つのコツ
農家は収入格差が大きいとよく聞くな。どうせやるなら儲けたいけど、具体的にどうすれば儲かるのか分からないから教えてほしい!

 

こんな方に向けた記事です。

 

本記事の内容

  • そもそも農家さんはどのぐらい稼いでいるのか?平均収入について
  • 農業における「儲ける」の定義
  • 農業で儲ける方法とは?

この記事は、千葉県船橋市にある農家さんのネット販売支援団体【ファームコネクト】が書いています。

 

2020年9月に創業とまだ若いですが【船橋市役所農水産課】さまや【船橋市観光協会】さまにも応援いただいている組織です。

 

ホームページを作成したり、web広告を運用したり、検索で上位表示されるようにしたり…

 

さまざまな手段を用いて、農家さんのネット販売をサポートしています。

プロフィール

 

今回は、上記の活動を通してお会いした年商4,000万〜1億の複数の生産者からヒアリングした内容、そして私たちの知見を交えて「農業で儲ける方法」を解説していきます。

 

基礎的なことがメインですが、農家さんは農作業で忙しいことから、基本的なことができていないケースが少なくありません。(物理的に仕方ないのですが…)

 

そのぶん、本記事でお伝えすることをしっかり行うだけで周囲から一歩抜きん出た存在になれますよ!

 

机上の空論ではなく、あくまで実践的な内容をお伝えするので役立つ部分も多いはず。

 

それでは参りましょう!

 

そもそも農業従事者ってどのぐらい儲けているの?平均収入は?

そもそも農業従事者の平均収入ってどのぐらいなの?

そもそも農家さんはどれほど稼いでいるものなのでしょうか?

 

結論から述べると、農家さんの平均収入は約450万円です。(兼業農家含む)

※詳細は以下の記事をご覧ください。

農家さんの平均収入と、儲けている農家さんの収入の仕組みを解説
農家さんの平均収入と、儲けている農家さんの収入の仕組みを解説

続きを見る

 

専業農家にかぎると、平均年収は約550万円とされています。(出典:農林水産省

 

とはいえ農業は個人事業ですので、実際は「数億円規模で儲けている農家さん」がいれば、「平均収入よりも圧倒的に稼ぎが少ない農家さん」もいます。

 

同じ職業でも、やり方次第で大きな格差があることが農業の特徴でしょう。

 

農業で「儲ける」とは?

農業で「儲ける」とは?

転職エージェントによると、農家さんの約4割は年収300万円以下で、年収1,000万円を稼ぐのは全体の1割未満だそうです。

 

かなり格差の激しい世界であることが分かります。

 

上記のこと、そして世間の常識的にも、年商1,000万円を稼いでいれば十分に「農業で儲けている」と言えそうですね。

 

とはいえいくら1,000万円売っていようが、経費が多ければ手取りは限りなく少ない…なんてことも。

 

儲けるには「収入をできるだけ増やし、支出をできるだけ減らす」必要があるのです。

 

シンプルではありますが、これができていない農家さんも多いのが実情。

 

ここからは具体的にどのように収入を増やすのか、どのように支出を減らすのかをお伝えしていきますね。

 

農業の儲け方:収入を増やす

農業の儲け方:収入を増やす

まずは収入を増やす方法です。

 

支出を減らすよりも難易度は高いですが、年収1,000万円以上を稼ぐならばクリアすべきポイント。

 

農業において収入を増やす方法は「高単価な作物を、たくさん売る」ただこれだけです。

 

高単価で販売する

まず、収入を増やすにはできるだけ高単価のものを販売する必要があります。

 

その方が圧倒的に楽に収入アップできるからです。

 

例を挙げましょう。

 

年収1,000万円を目指す場合、月に100万円売り上げればお釣りが返ってきます。

 

これをクリアするには単価が1,000円だと1,000個売る必要がある一方、3,000円なら3分の1で済むのです。

 

初心者は特に、「安いものをたくさん売る」よりも「高いものを少し売る」方が、集客コストが低いことから圧倒的に簡単。

 

農家さんは生産で忙しくて販売にかける時間がないことからも、できるだけ高単価の商品を販売するのがオススメです。

 

高単価で販売するには、以下の2点が肝要です。

  • 儲かる作物を栽培する
  • 言い値で売れる販路を活用する

 

儲かる作物を栽培する

  • スーパーにはない珍しい作物
  • 加工品にして付加価値をつけやすい作物
  • 世間一般的に「高い」とされている作物

こういったものを栽培するのが儲かる農業の第一歩。

 

実際、これまでお会いした年収1,000万超えの農家さんは、誰もが上記のいずれかに当てはまる作物を栽培しておりました。

 

できれば果物がいいですが、果物はハードルが高い…という方は、珍しい野菜をオススメします。

 

例えば私たちがネット販売をお手伝いして月商200万以上(ネットのみ)稼いでいる農家さんは以下の野菜を扱っています。

  • プチヴェール
  • カリフローレ
  • スティックセニョール

これらをSNSで宣伝すると非常にウケがよく、消費者も適切な単価を知らないため、高単価で販売しやすいのです。

 

よほどの大規模農家さんでもない限り、キャベツや白菜、キュウリといった付加価値をつけづらい作物の栽培は避けた方が無難。

 

もしこれらを栽培するのであればキムチでの販売がベストです。

 

言い値で売れる販路を活用する

  • 直売所
  • 移動販売
  • ネット販売
  • スーパー、コンビニなどの小売店

こういった、「言い値で売れる販路」を活用する必要があります。

 

始めるハードルがもっとも低く、リターンが大きいのはネット販売です。

 

「全国の人を相手に言い値で売れる」という圧倒的な強みがあるネット販売は最強の販路だと思います。

※私たちがネット販売支援事業をしているからというのもありますが、本音でそう思いますよ!

 

ネット販売については以下の記事で解説しているのでよければご覧ください。

農家さんによる野菜・果物(農産物)ネット販売の流れ!【保存版】
農家さんによる野菜・果物(農産物)ネット販売の流れ!【保存版】

続きを見る

 

たくさん売る

たくさん売るには、以下の2点が重要。

  • 収穫量を増やす
  • 販売手法を工夫する

 

収穫量を増やす

売れるものがなくては売上はなりたちません。

 

※仕入れて販売することも可能ですが、利益が減ってしまいます。

 

収穫量を増やすには以下の2点が必要です。

  • 面積当たりの収穫量を最大化する
  • 栽培面積を増やしていく

これらを遂行するには技術を身につける必要がありますし、最終的には雇用も視野に入れるべきです。

 

最悪「高単価で販売する」はプロに任せることもできるので、農家さんはここに力を注ぐべきですね。

 

販売方法を工夫する

たくさん売るには、販売方法も工夫する必要が。

 

言い値で売れる販路を活用する場合はどの販路においてもライバルがおり、競争に晒されるからです。

 

例えば、作物をたくさん売るテクニックとして以下のものが挙げられます。

  • スタンプカードを導入する
  • 購入数量に応じて割引を実施する
  • 栽培過程を発信してストーリー性をもたせる
  • 数量や期間を限定して販売し、希少性をもたせる
  • 作物を送る際に同封するお礼状にSNSに感想投稿でクーポンプレゼントといった仕組みを掲載する

これらはあくまで一例ですが、ファームコネクトが実際に作物を販売する際に行っているもので、いずれも高い効果を発揮しております。

 

農業の儲け方:支出を減らす

農業の儲け方:支出を減らす

ここからは支出を減らす方法です。これはもうシンプルで、経費をできるだけ抑えるほかありません。

 

いかにマメに金銭管理できるかどうかにかかっています。

 

ちなみに、以下の本で経費削減の方法を学べますよ。この本を読むことで無駄な支出が把握できるほか、農家さんが経理をどのように管理していくべきかもわかるので、一家に一冊ほしい本です。

 

また、ここからはあくまでファームコネクトの意見ですが、稼いでいる農家さんは「暇な方」が多かったです。

 

人を雇ったり、最新設備への投資をすることで自分の時間を作りだし、その時間を使って戦略を練ったり、新たな農地を取得してきたり、あるいは飲食店等に営業したりしている方が多い印象。

 

もちろんこれは上級者向けではありますが、この「自分の時間を作り出すための投資は惜しまない」という考え方自体は早い段階から真似してみても良いかと思います。

 

将来的にリターンがあるお金の使い方を「投資」、リターンのないお金の使い方を「浪費」と言いますが、儲けている農家さんはこの区別をハッキリしている方が多いです。

 

投資には以下の種類があります。

  • 自分の時間を作り出すもの(人件費や設備費用)
  • 本やセミナーなどで得られる知識(一度身につければ一生に渡って武器となります)
  • お金が返ってくるもの(広告費)

支出を減らすことは大切ですが、こういった投資まで削減してしまうと事業は伸びないので、その点だけ注意が必要だと思います。

 

農業の儲け方まとめ

【農業の儲け方が知りたいあなたへ】個人農家が稼ぐ5つのコツ

  • 儲かる作物を栽培する
  • 言い値で売れる販路を活用する
  • 収穫量を増やす
  • 販売方法を工夫する
  • 支出を減らす

農業の儲け方には、上記の5点があることが分かりました。

 

基本的なことではありますが、これらをしっかり実行できている方はほんの一握りですし、実際に難易度は高いです。

 

正直、農作業をしつつこれらを完璧にこなすのは無理な部分があるので、農業で儲けるには「人を雇う(投資をする)」フェーズが不可欠。

 

ぜひ投資をおこないどんどん事業を成長させていきましょう!

 

 

【農家さん向け】無料プレゼントがございます

ファームコネクトは創業以来多数の農家さんのネット販売を支援し、実績を残してきました。

 

サポートしている農家さんの中には、契約してから2ヶ月で日商29万円を記録したり、半日で売上36万円を達成した農家さんも。

 

↑実際の受注画面。販売開始と同時に注文の嵐が吹き荒れました。

 

そんなファームコネクトですが、このたび「ネット販売の始め方」および「売上アップ方法」を電子書籍にまとめ、無料プレゼントする運びとなりました!

 

書籍の感想をいただき、それをもとに改善を重ねたのち、Amazonにて有料販売する予定です。

  • 新しい販路を開拓して農園の収益をアップさせたい
  • ネット販売に興味があるけど最適な方法が分からない

こんな方はぜひお手にとって頂けましたら幸いです。

詳細はこちらのページをご覧ください。

 

プレゼントの詳細を見てみる

 

-農業経営
-, ,

© 2021 ファームコネクト