農業経営

農業の最先端テクノロジーがすごいのでマルッとご紹介

農業の最先端テクノロジーがすごいのでマルッとご紹介
最近はスマート農業とかアグリテックって言葉をよく聞くけど、実際最先端のテクノロジーはどのレベルまでいってるんだろう。どんなものがあるのかについてまとめて紹介してほしい。また、将来的には導入する可能性もゼロじゃないからメリットデメリットも知りたいな。

 

こんな方に向けた記事です。

 

本記事の内容

  • 農業におけるテクノロジーのアグリテックとは何か?
  • アグリテックが注目されている社会的背景
  • 国内外の導入事例
  • 最先端テクノロジーを導入するメリットとデメリット

この記事は、千葉県船橋市にある農家さんのネット販売支援団体【ファームコネクト】が書いています。

 

2020年9月に創業とまだ若いですが【船橋市役所農水産課】様や【船橋市観光協会】様にも応援いただいている組織です。

 

HPを作成したり、SNS運用代行したり、web広告を運用したり…

 

様々な媒体を活用して、農家さんのIT進出をお手伝いしています。

ファームコネクトのプロフィール
プロフィール

続きを見る

 

今回は拓殖大学の教授や多くの農家さんにヒアリングした内容をもとに、上智大学理工学部機械工学科卒の村瀬が、農業×テクノロジーのアグリテックについて解説していきます。

 

それでは、参りましょう。

 

最先端農業テクノロジーのアグリテックとは?

先端農業テクノロジーのアグリテックとは?

最近話題になっているアグリテックとは、Agriculture(農業)とTechnology(技術)の掛け合わせで作られた言葉で、最先端のITやICTを駆使したテクノロジーを使い営農していくことです。

 

また、遺伝子組み換え作物を栽培するバイオテクノロジー技術・無人ロボット・ドローン・高性能のハウス栽培もアグリテックに含まれます。

 

日本政府はアグリテックをスマート農業の一環として国をあげて支援していますし、日本だけでなく世界各国で注目されています。

 

農業テクノロジーの未来

こちらの矢野経済研究所の資料によると、農業×テクノロジーの市場は年々拡大していく見通しとなっていて、指数関数的に増加しているといっても過言ではありません。

 

これにともない、最先端のテクノロジーを導入する農家さんが増加している傾向にあります。

 

農業テクノロジーが注目されている社会的背景

農業テクノロジーが注目されている社会的背景

それでは、なぜ 農業テクノロジーであるアグリテックが注目されているのでしょうか?

 

社会的背景を見ながら考察していきましょう。

 

農家さんの平均年齢の上昇

農家さんの平均年齢は67歳とかなり高齢ですし、年々平均年齢は上昇しています。

 

そのぶん身体的に苦労する農家さんも増えていきますよね。

 

このことから「農家さんの負担が軽減できる」という農業テクノロジーのメリットが大きく注目されています。

 

世界各国における農業の台頭

アメリカやオーストラリアといった国土が大きい国だけでなく、オランダやイスラエル等、日本に比べて小さい国でも農業が盛んになってきています。

 

これらの国は最先端のテクノロジーを導入している農家さんが多く、単位面積あたりの収量が日本よりも圧倒的に多いのです。

参考→ FoodWatchJapan

 

理由は様々ですが、最近まで日本は、国内の農業を守るため農作物の輸入品に規制をかけていました。

 

そのため鎖国された状態になってしまい、農業が従来のままほとんど変化していません。

 

これに危機感を抱いた日本政府が、国をあげてスマート農業に携わっているという側面があるのです。

 

私がお話を伺った、拓殖大学教授である竹下先生の本が非常に参考になりますのでご覧になってください。

 

国内外の農業テクノロジー導入事例

農業テクノロジー導入事例

最先端のテクノロジーが注目され、どんどん導入されている背景はわかったので、実際にアグリテックに携わっている企業を見ていきましょう。

 

これについては以下の記事で解説しているのでご覧になってください。

 

数年前では予想もできない方法で作物を栽培・管理しています。

 

農業は最古の産業と言われていますが、最も発展していない産業とも言われています。

 

しかしながら、日本においても、最先端のテクノロジーを導入する農家さんが増えていくことは間違いないといえるでしょう。

 

農業テクノロジーを導入するメリット

農業テクノロジーを導入するメリット

最先端のテクノロジーを駆使することで、具体的にどんなメリット・デメリットがあるのかを述べていきます。

 

まずはメリットをお伝えしますね。

 

時間的・身体的制約を抑えることができる

農薬散布用ドローンや無人トラクターを使うことで、大幅に時間削減することができます。

 

また、数値やデータによって作物管理することができるようになるので無駄な作業が減り、時間短縮に繋がっていきます。

 

また、上で述べたとおり農業テクノロジーは身体的に制限がある方の強い味方。きつい部分を無人の機械が代わりに作業してくれます。

 

機械は衰え知らずなので人間以上に高いパフォーマンスを発揮してくれることでしょう。

 

農業テクノロジーを導入するデメリット

農業テクノロジーを導入するデメリット

次に、農業テクノロジーを導入するデメリットについてです。2点あるので順に述べていきますね。

 

ITに関する知識が必要

最先端のテクノロジーは使い勝手や用語が難しい部分があるので、年齢関係なく勉強が必要になってきます。

 

とはいえ、特にご高齢の方にとっては勉強が厳しい部分もあるはず。

 

アグリテックのベンチャー企業はもちろん、地方自治体もこういった農家さんへのサポート体制を整えることが急務といえますね。

 

膨大なコストがかる

最先端のテクノロジーを導入するにはお金がかかってしまいます。規模によっては数百万〜数千万円するものもあり、とても高額です。

 

しかしながら、先ほど述べたとおり日本は国を挙げてスマート農業を支援しており、そのぶん補助金の種類も膨大です。

 

農家さん向けの補助金をまとめていますのでご覧ください。

 

農業テクノロジーまとめ

農業テクノロジーまとめ

以上、最先端の農業テクノロジーについて紹介してきました。

 

上で述べたとおり完全に普及するにはいくつか問題点もあり、今後どのようになるかはまだ予測が難しいところです。

 

とはいえ高齢化は着実に進んでいるので、それに対抗する手段として政府がスマート農業に注力することは間違いありません。

 

この領域はとにかく変化が激しい部分なので、積極的に動向を追っていきたいですね。

 

また何かありましたら記事を更新します!

 

農家さんのネット販売を支援しています

船橋市役所農水産課

船橋市観光協会

  • 新しく販路を開拓して農園の収益をアップさせたい
  • ネット販売に興味があるけど最適な方法が分からない
  • 誰かに頼みたいけど、騙されたりしたら怖いし、信頼できる人や会社が分からない
  • 販売はプロに任せて自分は生産に集中したい

こんな農家さんに向けて、本サイトの運用団体であるファームコネクトはネット販売を支援しています。

 

サポートしている農家さんの中には、ネットでの発信を開始して1ヶ月半で日商29万円を記録したり、半日で売上36万円を達成した農家さんも。

 

↑実際の受注画面。販売開始と同時に注文の嵐が吹き荒れました。

 

ファームコネクトは農業専門のネット販売サポーターとして、「農作物の販売」に特化したノウハウを駆使することで農園の収益アップに貢献します。

 

少しでも興味のある方はサービス詳細ページをご覧くださいませ。

\詳細はこちらから/

サービス詳細を見てみる

料金やサービス内容、よくある質問等を記載しているページに移行します。

-農業経営
-

© 2021 ファームコネクト