農業経営

農家の野菜・果物ネット販売は儲かるの?メリットから成功法まで解説

農家の野菜・果物ネット販売は儲かるの?メリットから成功法まで解説
野菜・果物といった農産物のネット販売を始めるか迷うなあ。実際のところネット販売って儲かるの?失敗したら嫌だからメリット・デメリットが知りたいな。もし良い感じならネット販売を始めたいから、やり方やコツも教えてほしい!

 

こんな方にむけた記事です。

 

本記事の内容

  • 農家さんによる野菜・果物ネット販売のメリットとデメリット
  • ネット販売する手段まとめ(初心者〜上級者まで)
  • 野菜・果物ネット販売に成功している農家さんの事例
  • 事例から分かるネット販売で成功するコツ

この記事は、千葉県船橋市にある農家さんのネット販売支援団体【ファームコネクト】が書いています。

 

2020年9月に創業とまだ若いですが【船橋市役所農水産課】さまや【船橋市観光協会】さまにも応援いただいている組織です。

 

ホームページを作成したり、SNS運用を代行したり、web広告を運用したり…

 

さまざまな手段を用いて、農家さんのネット販売をサポートしています。

ファームコネクトのプロフィール
プロフィール

続きを見る

 

本記事では、これからネット販売を始めようとしている人、ネット販売初心者の方にぜひとも知ってほしい情報を網羅しています。

 

大半の農家さんは「自己流で」「なんとなく」ネット販売を始めがちなので、本記事を読むだけで一歩リードできますよ。

 

2分ほどで読みおわるので、失敗を避けるためにもぜひ読みすすめていただければ幸いです。

 

それでは参りましょう!

 

目次

農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?メリットについて

農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?メリットについて

  • 全国を相手に商売できる
  • 余剰野菜を販売できる
  • 今後も市場の拡大が期待できる
  • 消費者に直接農産物を届けられる
  • 24時間自動で販売できる

最初に、農家さんがネット販売をするメリットについて。大別すると上記5点がメリットといえるでしょう。

 

それぞれくわしく解説していきます。

 

メリットその1:全国を相手に商売できる

野菜・果物を全国の消費者に届けられる

まず、インターネットを活用する事であなたがそだてた野菜・果物を全国の消費者にアピールできるというメリットがあります。

 

「届けられる相手が増える=売り先が増える」ので、売上を伸ばしやすくなることはもちろん、知名度アップおよびPRにも繋がるでしょう。

 

実際ファームコネクトのお客さまにも、ネット販売を始めた途端東京のキー局から取材依頼がきた事例がありました。

 

メディア露出には「注文の増加」はもちろん、メディア露出したことを消費者にアピールすることでブランディングに繋がるというメリットがあります。

 

メリットその2:余剰野菜を販売できる

市場やJAには出せない余剰野菜を「わけあり品」として販売できます。

 

本来なら廃棄されていた作物をお金に変えられるのは大きなメリットです。

 

メリットその3:今後も市場の拡大が期待できる

ECサイト市場が拡大しているから野菜は儲かる

ECサイト市場が伸びているから野菜のネット販売は儲かる

上のグラフから分かるように、ネット販売の市場は拡大しつづけています。

 

「市場が拡大している=その市場で動くお金が増えている」ので、ネット販売は今後も儲かりやすいといえるでしょう。

 

今後も拡大していくことが予想されるので、なるべく早く参入しておくのをオススメします。

 

メリットその4:消費者に野菜・果物を直接届けられる

消費者に野菜や果物を直接届けられる

消費者に農産物を直接届けられることで、以下の具体的メリットが生じます。

直接届けられる事でこんなメリットが!

  • 作物ひとつあたりの利益が増える
  • 鮮度が高い状態で届けられる
  • 直接情報を伝達できる
  • 感想を直接聞ける

それぞれ解説していきますね。

 

作物ひとつあたりの利益が増える

農家さんによる野菜・果物ネット販売は言い値で売れるメリットがあり、儲かる

中間業者をはさまずに売れるため、中間マージンを取られません。(かつ言い値で売れるように!)

 

よって農産物を販売した際に
ひとつあたりの利益が増えます。

 

市場に野菜を出荷すると中間マージン料として平均30%ほど取られてしまいますが、

ネット販売をすれば10~20%ほど(手数料と配送料)に抑えることができます。

 

自身の努力がしっかり収入に反映されることは大きな魅力ですよね。

 

鮮度が高い状態で届けられる

上で述べたとおり中間業者をはさまず消費者に届けられるので、鮮度が高い作物を召し上がっていただけます。

 

手間と愛情を注いでそだてた農産物。やはり一番おいしい状態でお届けして喜んでもらいたいはず。

 

そんな農家さんのつよい味方がネット販売だといえます。

 

直接情報を伝達できる

「おいしい食べ方」や「こだわり」等を消費者に直接伝えられます。

 

作物をそだてた際のストーリー、自身がどんな想いで営農しているのかといったことを伝えることで、消費者にとっても作物が特別なものに感じられるでしょう。

 

その結果、農園のファンができて売上が安定化したり、通常よりも高単価での販売が可能となります。

 

感想を直接聞ける=やりがい

「農家さん⇨消費者」への情報伝達だけではなく、「消費者⇨農家さん」のコミュニケーションも可能になります。

 

ようするに、消費者から感想を聞くことが可能となるのです。

 

市場に出荷していると、なかなかお客さまの声を聞く機会はありません。

 

ネット販売をすることで直接お喜びの声を聞くことが可能となり、日々の農作業が一層やりがい深いものになります。

 

メリットその5:24時間自動で野菜・果物を販売できる

メリットその3:24時間自動で野菜・果物を販売できる

インターネットは24時間無休で働きます。あなたが畑に出ているあいだも、テレビを見ているあいだも、常に働きつづけてくれます。

 

つまりインターネットを使うことは、疲れ知らずの営業部隊を手にいれるようなものです。しかも営業相手は日本全国。人件費もゼロ。

 

うまく仕組み作りすれば、インターネットが自動で魅力を伝えてくれて、自動で商品を販売してくれて、自動でリピート販促してくれる…という状態に持っていくことが可能です。

 

あなたがやることといえば、商品の発送だけ。

 

こんな状態に持っていけば、そのぶん時間の制約がなくなり、より良い作物を作るための時間が増えます。

 

良い作物を作ればさらにお客さまに満足され、リピーター(ファン)が増えるという正のスパイラルに入ることができるのです。

 

農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?デメリットについて

農家さんがネット販売をするデメリット

メリットがたくさんあることはわかったし、すごく魅力的だけど、実際そんなに美味しい話があるものなの?デメリットもあるでしょ?

こんな方にむけて、次はデメリットをお伝えします。

 

デメリットその1:慣れるまでが大変

  • 在庫管理
  • 顧客情報の管理
  • 野菜・果物の梱包
  • 送り状、伝票の作成
  • SNSなどで集客する
  • ホームページ、ネットショップの更新作業

ネット販売では上記のようなことが必要となってきます。

 

慣れてしまえば難しくないですが、慣れるまでは作業に数時間かかることも。

 

デメリットその2:在庫管理の複雑化

上でも触れましたが、「ネット販売を始める=販路が増える」ので在庫管理が複雑になります。

 

もし在庫管理に失敗すれば、注文が入っているにも関わらずモノがないという悪夢のような事態が起こることも。

 

最終的に100%ネット販売に移行すれば在庫管理は楽になりますが、移行期間は管理の手間が増えてしまうでしょう。

 

デメリットその3:全国のネット販売している農家がライバルになる

産直サイトやネットショップ開設サービスが乱立しており、いまやネット販売している農家さんは珍しくありません。

 

ネット販売を始めると「全国の同じ作物をネット販売している農家がライバルになる」というデメリットがあります。

 

書籍を執筆しているような有名農家さんもライバルになり得る…というなかなか難しい状況となるのです。

 

デメリットその4:マイナスの意見が届くことも

メリットの部分で「消費者から直接感想を聞くことができる」と述べましたが、これはデメリットにもなり得ます。

 

というのもネット販売で全国を相手に商売しているとマイナスの意見が届くこともあるからです。

 

とはいえこれは「改善点が見つかる」という意味ではメリットでもありますね。

 

ネット販売のメリット

  • 全国を相手に商売できる
  • 作物ひとつあたりの利益が増える
  • 言い値で販売できる
  • 作物をおいしい状態で届けられる
  • 消費者と直接交流できることからファンができ、売上が安定化しやすい
  • 感想を直接聞ける
  • 余剰野菜を販売できる
  • 市場が拡大しており、今後も成長が期待できる

 

ネット販売のデメリット

  • やることが多く、慣れるまでが大変
  • 在庫管理の複雑化
  • 全国のネット販売している農家がライバルになる
  • マイナスの意見が届くことも

 

農家さんが野菜・果物のネット販売をする方法:儲かるのはどれ?

農家さんがネット販売をするまでの流れ

ネット販売にはいろんな側面があるんだなあ。デメリットも多いけど、メリットがすごく魅力的だしネット販売をはじめてみようかなあ。

このような方にむけて、ここからは具体的なネット販売の始め方をお伝えします。

 

始めるハードルが低いものから順に述べていくので、ネット販売を考えている方はぜひ読みすすめてみてください。

 

メルカリで野菜・果物をネット販売

メルカリを活用して野菜や果物を販売する

もっとも手軽に始められるのが、メルカリを活用した方法です。

 

商品紹介の文章および写真を用意すればすぐに出品できるので、「ネットでモノを売る感覚」を身につけるのに最適です。

 

メルカリのメリット

  • とにかくお手軽
  • 利用者が多いため売れやすい(集客が不要)
  • フォロワーが増えれば売上安定に繋がる
  • 発送作業がマニュアル化されており簡単

 

メルカリのデメリット

  • クール便が利用できない
  • 配送料に加えて売上の10%が取られる
  • 商品紹介ページのカスタマイズ性が低い
  • 商品が売れるたび購入者とメッセージを取り合う必要があるため、時間を取られる

 

以下の記事でくわしく解説しているので、よかったらご覧ください。

メルカリの野菜販売って儲かるの?注意点や成功法を経験者が解説
メルカリの野菜販売って儲かるの?注意点や成功法を経験者が解説

続きを見る

 

産直サイトで野菜・果物をネット販売

産直サービスを活用して販売する

食べチョクポケットマルシェといった産直サイトを活用するのも手です。

 

コロナを背景にいずれのサービスも売上が伸びており、生産者・購入者ともに増加傾向にあります。

 

産直サービスのメリット

  • 利用者が多いため売れやすい(集客が不要)
  • 配送料は消費者負担のケースが多い

 

産直サービスのデメリット

  • 売上の15~20%が取られる
  • 他の生産者と比較されやすい構造
  • 商品紹介ページのカスタマイズ性が低い

 

大手ECサイトで野菜・果物を販売

大手ECサイトを活用して販売

Amazon楽天といった、大手ECサイトを活用する方法です。

 

圧倒的な利用者の多さが特徴。しかし、手数料のほかに月額で出店料がかかる点が難点。配送料も生産者負担のケースが多いです。

 

大手ECサイトのメリット

  • 圧倒的な利用者の多さ(集客が不要)
  • 発送作業がマニュアル化されており簡単

 

大手ECサイトのデメリット

  • 月額固定費がかかる
  • 他の生産者と比較されやすい構造
  • 商品紹介ページのカスタマイズ性が低い
  • 配送料に加えて売上の2~10%が取られる

 

手数料は各ECサイトで細かく取り決められているため、必ずご自身でご確認ください。

 

ネットショップ作成サービスで野菜・果物を販売

ネットショップ作成サービスで販売

STORESBASEを活用してネットショップを作成するのも手です。(費用・機能面でSTORESの方がオススメ)

ネットショップ開業サービスおすすめはどれ?徹底比較してみた
ネットショップ開業サービスおすすめはどれ?徹底比較してみた

続きを見る

 

簡単におしゃれなショップが出来上がりますし、無料のプランがあるので手を出しやすいのがメリット。

 

また、自分でクーポンが発行できたり、購入者リストを確認できるなど多彩なシステムが利用できます。

 

ただ、集客は自分次第となってしまうのが難点です。

 

具体的な集客方法としては、SNSやweb広告が挙げられるでしょう。

 

ネットショップのメリット

  • カスタマイズ性が高い
  • 顧客管理システムが使える
  • 他の生産者と比較されにくい
  • 手数料が抑えられる(5%程度+配送料)

 

ネットショップのデメリット

  • 集客が必要

 

農家さんのホームページで野菜・果物をネット販売

自分のHPで野菜を販売する

もっとも安定性が高いのが「自分だけのホームページを持つ」ことです。

 

外部のサービスを利用すると、もしサービスが終了したり値上がりした場合に、それに抵抗する術がないという問題があります。

 

しかし自分だけのホームページを持ち、外部依存をすこしでも減らすことで強固な安定性を保てるように。

 

最初に手間・費用がかかりますが、一度完成してしまえばだれにも邪魔されない自分だけの武器となります。

 

さらにお客さまの声を載せたり、お客さまをSNSに誘導してコミュニケーションをとる機会を増やしたり…カスタマイズは無限大。

 

商品紹介ページも自由にレイアウトできるため、お客さまに農作物の魅力をたっぷり伝えることができ、高単価で販売することが可能となります。(もちろんレイアウト次第ですが)

 

本気でネット販売を収益の柱にしていきたい方はぜひとも自分だけのホームページを持つことをお勧めします。

 

ホームページのメリット

  • 安定性が高い
  • 自由度が最も高い
  • ブランディングに繋がる
  • 他の生産者と比較されにくい
  • 手数料が抑えられる(クレカの場合3~5%程度+配送料)
  • 販売以外でも役にたつ(名刺がわりになる、人の採用にも役立つなど)

 

自社HPのデメリット

  • 集客が必要
  • 初期費用がかかる

 

ちなみに、ホームページについては以下の記事が参考になります。

農家のホームページもおしゃれな時代!参考webサイト10選【最新版】
農家のホームページもおしゃれな時代!参考webサイト10選【最新版】

続きを見る

農家さんに無料のホームページ作成ツールをご紹介!【専門知識不要】
農家さんに無料のホームページ作成ツールをご紹介!【専門知識不要】

続きを見る

 

農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?成功事例をみていきましょう

野菜のネット販売で儲けている事例

ここからは、実際にネット販売で儲けている農家さんの事例をみていきましょう。

 

なにごともそうですが、最短で成功するには成功例を研究し、真似できる部分を真似するのが一番です。

 

本記事では3例を紹介していきますね。それでは、参りましょう!

 

寺坂農園さま

寺坂農園

寺坂農園さま

最初の成功事例は、北海道にある寺坂農園さまです。年商1億以上とのこと。

 

寺坂農園代表の寺坂祐一さんは47歳(2020年現在)ですので、まだまだお若いですよね。

 

手取りの金額はわかりかねますが、相当稼いでいるはず。

 

この年齢でこれだけ稼いでいるのは「農業ドリーム」って感じがします。

 

ホームページをご覧いただければ分かりますが、ひとつひとつの画像にこだわっており、作物の良さがビンビン伝わってくる構成。

 

また、それぞれの商品ページもこだわりが強く、相場より高くても購入したくなってきますよね。

 

LINE公式アカウントとメルマガをうまく活用して販売されていて、販売開始をLINEやメールで通知すると一瞬で売り切れるんだとか。

 

お客さまの連絡先を活用した販売手法を、「リストマーケティング」とか「ダイレクトマーケティング」と呼ぶのですが、社長の寺坂祐一さんは農業にこの販売手法を取り入れた第一人者。

 

「直販・通販で稼ぐ!年商1億円農家」という書籍も執筆しています。

 

かまくら農園さま

かまくら農園さま

かまくら農園さま

ファームコネクトがネット販売をサポートしている農家さんです。

 

インターネットでの発信1ヶ月半で日商29万円をマークしました。

 

枝豆・とうもろこしをメインとする農家さんですが、冬のあいだにネット販売を開始 & 冬に栽培している葉野菜を販売してこの売上を記録。

 

枝豆・とうもろこしではさらに高い売上をマークできるでしょう。

※4月24日追記:枝豆を販売したところ、半日で260個売れて売上36万円を記録しました。(その時点で販売停止)

 

かまくら農園さまもLINEを活用しているほか、Twitterフォロワー2,000人・Instagramフォロワー1,000人・LINE友だち1,000人とSNSフォロワーが多いのも特徴。(2021/4現在)

 

「読売新聞」「東京新聞」「昼めし旅」といった大手新聞、キー局のテレビ番組への出演も果たしています。

 

芳蔵園さま

芳蔵園芳蔵園さま

年商にして数千万円以上稼いでいる、船橋にある果樹農家さんです。

 

ファームコネクトがホームページを制作しました。我々がホームページ制作したのが、2020年夏で、梨が大不作だった年です。

 

このことから「新規のお客さんはこれ以上いらないから、とにかく作物の単価を上げたい」との要望があったので、高級感のあるイメージに。大変喜んでいただけました。

 

芳蔵園さまはネット販売も2020年から始めたのですが、「高単価でも売れるし、メディア出演依頼もたくさんきた」とのこと。

 

近ごろはLINE公式アカウントの運用に力を入れ始めており、現在は友達数280人ほど。まだ始めたばかりなので、少なくない?と感じるかもしれません。

 

しかし、LINEで枝豆の販売開始を通知したところ「250g×2袋を1,500円で販売しているにも関わらず、ものの20分で売り切れた」とおっしゃっていました。

 

「ネット販売はクレジットカードで支払われた場合に手数料を取られるのが嫌だったが、それが気にならないほど高単価でも売れる」と喜んでいらっしゃいましたね。

 

芳蔵園さまはSNSにも注力しはじめているので、今後はもっと集客が加速していくことでしょう。

 

農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?成功事例から分かる成功のコツとは

農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?成功事例から分かる成功のコツとは

ネット販売の成功事例をみてきましたが、それぞれの共通点はどのようなものでしょうか?

 

ファームコネクトは、以下の3点にあると考えております。

  • リストを活用している
  • 魅力的なホームページがある
  • 本気でネット販売で稼ごうとしている

それぞれ解説していきますね。

 

リストを活用している

まず第一に、お客さまの連絡先を活用して販売していることが共通点です。

 

これらには「お客さんにこちらから連絡できる」「1対1のやりとりになるため、販売告知した際にライバルと比較されにくくなる」という2つの強みがあります。

 

実際TwitterやInstagramでも、お客さん(=フォロワー)に連絡することは可能ですが、それらのSNSはタイムラインが常に動いています。

 

LINEやメルマガを活用した方が、連絡を届けやすいのです。

 

そこでうまく作物の良さをアピールすれば、購入率を大きくあげることができます。

 

また、LINEやメルマガは「1対1のやりとり」です。

 

普通のECサイトや産直サイトだと、すぐに他の商品が目に入ることから競合と比較されてしまうのですが、LINEだとそれが避けられるのです。

 

よって購入率が上がることはもちろん、やりかた次第では高単価での販売が可能となります。

 

魅力的なホームページがある

どの農家さんも魅力的なホームページを活用して農園の良さを精一杯アピールしています。

 

メルカリ、産直サイトを使ったネット販売も悪くはありませんが、やはり魅力をしっかり伝えるには写真・文字数に制限のないホームページを用意したいところです。

 

本気でネット販売で稼ごうとしている

上で述べたとおり、近ごろは産直サイトやネットショップ開設サービスがたくさんあり、ネット販売を始めること自体は難しくありません。

 

また、多くの農家さんは仮にネット販売であまり売れなくても、市場やJAへの出荷で生活することは可能です。

 

これらのことから、大半の農家さんが「自己流で」「軽い気持ちで」ネット販売をすすめがちです。本気でやろうとしていないのです。

 

そのため、本気でネット販売を収益の柱にするつもりで取り組んでいる農家さんが一人勝ちする構造になっています。

 

積極的に勉強したり、
あるいはお金を払ってプロに任せたり…。

 

手段はさまざまですが、成功している農家さんは本気でネット販売で稼ごうとしている方々ばかり。

 

もしネット販売を始めるつもりであれば、ひとつの収益の柱を確立するつもりで取り組む必要があると思います。

 

農家さんによる農作物のネット販売まとめ

農家さんによる野菜や果物のネット販売まとめ

ネット販売はうまくいけば、手間を減らしつつ売上を上げてくる最高のメソッドです。

 

お客さまから毎日のように喜びの声を直接いただけたり、普段よりも高単価で野菜を売ることができて稼げるようになったり、メディアからも出演依頼が届き、周囲から一目置かれる…。

まさに夢のような状態。

 

しかし、最初はどうしても手間がかかってしまうのも事実ですし、意気揚々とネット販売を始めるも、うまくいかずに挫折してしまう農家さんがいるのも否めません。

 

もしネット販売を始めるようでしたら、事前に情報収集したり、ときにはプロの声を聞くようにするのがベストです。

 

※ネット販売関連の知識を以下にまとめているので、よかったらご覧ください。

農家さんによる野菜・果物(農産物)ネット販売の流れ!【保存版】
農家さんによる野菜・果物(農産物)ネット販売の流れ!【保存版】

続きを見る

 

農家さんのネット販売を支援しています

船橋市役所農水産課

船橋市観光協会

  • 新しく販路を開拓して農園の収益をアップさせたい
  • ネット販売に興味があるけど最適な方法が分からない
  • 誰かに頼みたいけど、騙されたりしたら怖いし、信頼できる人や会社が分からない
  • 販売はプロに任せて自分は生産に集中したい

こんな農家さんに向けて、本サイトの運用団体であるファームコネクトはネット販売を支援しています。

 

サポートしている農家さんの中には、ネットでの発信を開始して1ヶ月半で日商29万円を記録したり、半日で売上36万円を達成した農家さんも。

 

↑実際の受注画面。販売開始と同時に注文の嵐が吹き荒れました。

 

ファームコネクトは農業専門のネット販売サポーターとして、「農作物の販売」に特化したノウハウを駆使することで農園の収益アップに貢献します。

 

少しでも興味のある方はサービス詳細ページをご覧くださいませ。

\詳細はこちらから/

サービス詳細を見てみる

料金やサービス内容、よくある質問等を記載しているページに移行します。

-農業経営
-

© 2021 ファームコネクト