農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?メリットから成功法まで解説

農家の野菜・果物ネット販売は儲かるの?メリットから成功法まで解説
農業経営の無料お役立ち資料

野菜・果物といった農産物のネット販売を始めるか迷うなあ。実際のところ農家がネット販売して儲かるの?失敗したら嫌だからメリット・デメリットが知りたいな。もし良い感じならネット販売を始めたいから、やり方も教えてほしい!

こんな方に向けた記事です。

本記事の内容
  • 農家さんによる野菜・果物ネット販売のメリットとデメリット
  • 野菜・果物ネット販売に成功している農家さんの事例
  • 事例から分かるネット販売で成功するやり方・コツ

この記事は農園のWeb活用支援団体ファームコネクトが書いています。

ネット販売の代行、ホームページ制作、クラウドファンディング支援など、農業特化のWeb事業として様々なサービスを展開しています。

野菜で月次売上200万円、とうもろこしで日次売上100万円超えなど、多数の販売実績があり、行政とも提携している組織です。

ファームコネクトの事例紹介



本記事では、これからネット販売を始めようとしている人、ネット販売初心者の方にぜひとも知ってほしい情報を網羅しています。

2分ほどで読みおわるので、失敗を避けるためにもぜひ読みすすめていただければ幸いです。

それでは参りましょう!

目次

農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?メリットについて

農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?メリットについて
  • 全国を相手に商売できる
  • 今後も市場の拡大が期待できる
  • 消費者に直接農産物を届けられる
  • 24時間自動で販売できる

最初に、農家さんがネット販売をするメリットについて。

大別すると上記5点がメリットといえるでしょう。

それぞれくわしく解説していきます。

ネット販売のメリットその1:全国を相手に商売できる

野菜・果物を全国の消費者に届けられる

インターネットを活用する事で、あなたの農園、そして農産物を全国の消費者および業者にアピールできるというメリットがあります。

商圏が広がるのでそのぶん地元地域だけで販売するよりも売上が青天井に伸びやすくなりますし、取引先も全国の業者に広がります。

ファームコネクトのお客さまも、ネット販売を始めて数ヶ月で旅館との取引が決まったり、東京のキー局から取材依頼がきたり等、取引が増えたりメディア出演が増えた事例が多数ございます。

メディア出演は知名度向上はもちろん、ホームページにメディア出演歴を掲載することで農園のブランド確立につながるというメリットがあります。

ネット販売のメリットその2:今後も市場の拡大が期待できる

ECサイト市場が拡大しているから野菜は儲かる
ECサイト市場が伸びているから野菜のネット販売は儲かる

上のグラフから分かるように、ネット販売の市場は拡大しつづけています。

「市場が拡大している=その市場で動くお金が増えている」ので、ネット販売は今後も収益を得やすい領域といえるでしょう。

特にコロナの影響で外食産業からお金がなだれ込んでおり、今後も拡大していくことが予想されるので、なるべく早く参入しておくのをオススメします。

ネット販売のメリットその3:消費者に野菜・果物を直接届けられる

消費者に野菜や果物を直接届けられる

消費者に農産物を直接届けられることで、以下の具体的メリットが生じます。

  • 作物あたりの利益が増える
  • 新鮮な状態で届けられる
  • 直接コミュニケーションが取れる

それぞれ解説していきますね。

作物あたりの利益が増える

農家さんによる野菜・果物ネット販売は言い値で売れるメリットがあり、儲かる

直接消費者に作物を届けられるので中間マージンを抜かれません。

そのため、農産物を販売した際の利益率がアップしますし、言い値で販売できるので市場の相場に左右されず、安定した収益を得られます。

新鮮な状態で届けられる

市場を経由せず消費者に作物を届けられるため、より美味しい状態の作物を召し上がっていただけます。

作物によっては収穫後に貯蔵しておいたほうが糖度が上がるものもありますが、そういった作物もご自身の目利きで最適なタイミングでお届けできるのです。

直接コミュニケーションが取れる

「おいしい食べ方」や「こだわり」等を消費者に直接伝えられます。

作物をそだてた際のストーリー、どんな想いで営農しているのかといったことを伝えることで、消費者にとっても作物が特別なものに感じられるでしょう。

また、「農家さん⇨消費者」への情報伝達だけではなく、「消費者⇨農家さん」のコミュニケーションも可能になります。

ようするに、消費者から直接感想をいただくことが可能となるのです。

お喜びの声を聞けることが大きなメリットでしょう。

ネガティブな意見を頂戴することもあるかもしれませんが、そういったご意見をもとに改善を重ねることでより良い農園経営を展開できるようになります。


以上が直販による具体的なメリットです。

ネット販売のメリットその4:24時間自動で野菜・果物を販売できる

メリットその3:24時間自動で野菜・果物を販売できる

インターネット(ホームページ)は24時間無休であなたの農園の魅力を伝えつづけ、さらに会計までおこなってくれます。

あなたが畑に出ているあいだも、テレビを見ているあいだも、常に働きつづけてくれます。

つまりインターネットを使うことは、疲れ知らずの営業部隊を手にいれるようなものです。営業相手は日本全国。人件費もゼロ。


うまく活用すれば、インターネットが自動で魅力を伝えてくれて、自動で商品を販売してくれて、自動でリピート販促してくれる…という状態に持っていくことが可能です。


直売所だとどうしても接客の必要がありますし、無人販売ですとどうしても売上の上限があります。


売上に上限が(ほとんど)なく、効率化もしやすいネット販売は魅力的な販路といえますね。

農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?デメリットについて

農家さんがネット販売をするデメリット

メリットがたくさんあることはわかったし、すごく魅力的だけど、実際そんなに美味しい話があるものなの?デメリットもあるでしょ?

こんな方にむけて、次はデメリットをお伝えします。

  • 慣れるまでが大変
  • ライバルが多い
  • マイナスの意見が届くこともある

結論、これら3点がネット販売のデメリットです。

ネット販売のデメリットその1:慣れるまでが大変

  • 野菜・果物の梱包
  • 送り状、伝票の作成
  • ホームページの更新作業
  • SNSなどでの広告宣伝

ネット販売では上記のようなことが必要となってきます。

慣れてしまえば難しくないですが、慣れるまでは作業に数時間かかることも。

本格的にネット販売を収益の柱にするならば、ある程度マメに更新することが要求されます。

ネット販売のデメリットその2:ライバルが多い

ネット販売には「同じ作物をネット販売している全国の生産者様がライバルになる」というデメリットがあります。

そのなかにはメディア出演多数、人手も多い農業法人なども含まれるので、ネット販売で収益を伸ばすには一定のマーケティングスキルが必要となります。

ネット販売のデメリットその3:マイナスの意見が届くことも

メリットの部分でも触れましたが、消費者からネガティブな感想が届く可能性もあり、これがネット販売(直販)のデメリットといえるでしょう。

農家さんによる野菜・果物のネット販売やり方:儲かるのはどれ?

農家さんがネット販売をするまでの流れ

ネット販売にはいろんな側面があるんだなあ。デメリットも多いけど、メリットがすごく魅力的だしネット販売をはじめてみようかなあ。

このような方にむけて、ここからは具体的なネット販売の始め方、方法をお伝えします。

始めるハードルが低いものから順に述べていくので、ネット販売を考えている方はぜひ読みすすめてみてください。

ネット販売のやり方その1:メルカリで野菜・果物を販売

メルカリを活用して野菜や果物を販売する

もっとも手軽に始められるのが、メルカリを活用した方法です。

商品紹介の文章および写真を用意すればすぐに出品できるので、「ネットでモノを売る感覚」を身につけるのに最適です。

メルカリのメリット

  • とにかく手軽に始められる
  • 利用者が多く売れやすい(集客がほぼ不要)
  • フォロワーが増えれば売上安定につながる

メルカリのデメリット

  • クール便が利用できない
  • 配送料に加えて売上の10%が手数料として徴収される
  • 他の商品と比較されやすく価格競争に陥りやすい
  • 商品紹介ページのカスタマイズ性が低い
  • 商品が売れるたびに購入者とメッセージを取り合ったり、1件1件送り状を作成する必要があり、手間がかかる

メルカリについて詳しくは下記をご覧ください。

ネット販売のやり方その2:産直サイトで野菜・果物を販売

産直サービスを活用して販売する

食べチョクポケットマルシェといった産直サイトを活用するのも手です。

産直サイトのメリット

  • 利用者が多く売れやすい(集客がほぼ不要)
  • 配送料が消費者負担のケースが多い

産直サイトのデメリット

  • 手数料が15~19.7%と高め
  • 他の生産者と比較されやすく価格競争に陥りやすい
  • 商品紹介ページのカスタマイズ性が低い

ネット販売のやり方その3:大手ECサイトで野菜・果物を販売

大手ECサイトを活用して販売

Amazon楽天といった、大手ECサイトを活用する方法です。

圧倒的な利用者の多さが特徴。しかし、集客力があるぶん手数料も高めな傾向です。(各ECサイトにより異なります)

大手ECサイトのメリット

  • 圧倒的な利用者の多さ(集客が不要)

大手ECサイトのデメリット

  • 手数料が高め
  • 他の商品と比較されやすく価格競争に陥りやすい
  • 商品紹介ページのカスタマイズ性が低い

ネット販売のやり方その4:ネットショップ作成サービスで野菜・果物を販売

ネットショップ作成サービスで販売

STORESBASEを活用してネットショップを作成するのも手です。(費用・機能面でSTORESの方がオススメ)

簡単におしゃれなショップが出来あがりますし、無料のプランがあるので手を出しやすいのがメリット。

また、自分でクーポンが発行できるなど多彩なシステムが利用できます。
ただ、集客は自分次第となってしまうのが難点です。

自身でSNS等を通して集客しなくてはいけないので、手間がかかります。

ネットショップのメリット

  • デザインのカスタマイズ性が高い
  • 他の生産者と比較されないため価格競争に陥りにくい
  • 手数料が抑えられる

ネットショップのデメリット

  • 集客が必要

ネット販売のやり方その5:農家さんのホームページで野菜・果物を販売

自分のHPで野菜を販売する

農園のホームページを制作すれば、デザイン自由・他の生産者と比較されない・手数料を抑えられるといったメリットがあります。

また、農園のブランドを確立しやすい点もメリットですね。

デメリットとしては一定の初期費用がかかることと、自力での集客が必要なことが挙げられます。

デメリットもありますが、やはり直販をする以上、農園のブランドは欠かせないものですので、もしも本気でネット販売を収益の柱の一つとするのであれば制作をおすすめします。

ホームページのメリット

  • デザインの自由度がもっとも高い
  • 農園のブランド確立につながる
  • 他の生産者と比較されにくい
  • 手数料が抑えられる
  • 販売以外の部分にも役立つ(採用・取引先開拓・Web上の名刺代わりなど)

ホームページのデメリット

  • 集客が必要
  • 初期費用がかかる

ちなみに、ホームページについては以下の記事が参考になります。

農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?成功事例について

野菜のネット販売で儲けている事例

ここからは、実際にネット販売で儲けている農家さんの事例をみていきましょう。

何事もそうですが、最短で成功するには成功例を研究し、真似するのが一番です。

ネット販売の成功事例その1:K農園さま

ファームコネクトのお客様の野菜農家さまです。

もともと、ご自宅前の無人直売所とJAヘの出荷のみでしたが、ファームコネクトと契約して新たにネット販売を開始しました。


ご契約から2ヶ月で野菜セットを1日で102セット売り上げ、日次売上29万円をマーク。

その後も枝豆を1日で260kg(売上38万円)、とうもろこしを2時間で1,000本以上(売上100万円超え)を販売するなど、多くの販売実績を残しておられます。


この「読売新聞」「東京新聞」「昼めし旅」「相葉マナブ」といった大手新聞、テレビ番組への出演も果たしており、農園のブランドも色濃くなっております。

ネット販売の成功事例その2:U農園さま

ファームコネクトのお客様の果樹農家さまです。

開園3年目の新規農園でして、もともとはJAへの出荷のみでした。

新たにネット販売を開始したところ、「紅まどんな 農家直送」の検索キーワードで上位表示を達成。

月次売上150万円となりました。(その時点で販売停止)

※画像の売上金額に加えて電話注文が54万円分ありました。

このほか、2件の法人注文を獲得のほか、大手百貨店カタログギフトへの掲載、東証一部グループ企業との新規取引も開始する運びに。

この他のネット販売成功事例はこちらのページからご覧いただけます。

農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?成功事例から分かる成功のコツとは

農家さんの野菜・果物ネット販売は儲かるの?成功事例から分かる成功のコツとは

上に掲載したもの以外にも、ファームコネクトは多数の農園のネット販売を支援して、販売実績を残してきました。

また、リサーチの一環で、他のネット販売している農園についても定期的にチェックしております。

その結果、ネット販売で成功している農園の共通点として、下記のものが挙げられると結論付けました。

  • LINEを効果的に活用している
  • 梱包に力を入れている
  • 魅力的なホームページがある

ネット販売においてLINEを効果的に活用している

LINEには、「LINE公式アカウント」というビジネス用のアカウントがあります。

LINE公式アカウントを使うと、お客さまに販売状況やお役立ち情報等のメッセージを送れるようになります。


ファームコネクトもフル活用しているツールですが、やはり周囲をみてもネット販売で成功している農園はLINE公式アカウントを使用しているケースが多いですね。


ネット販売に限らず、直販であればどの販路においても強力なツールなので、ぜひ活用してみてください。


ちなみに、LINE公式アカウントの活用方法については、ファームコネクトのお役立ち資料「農作物ネット通販におけるリピーター獲得施策集」にて解説しています。

梱包に力を入れている

梱包(ダンボール・パッケージ・同封するパンフレット)はお客さまの満足度に直結してくる重要な要素です。

極論、商品の味が多少悪くても梱包が綺麗であれば満足されるものなのです。

一方でどれだけ商品の質が良くても梱包が悪ければ満足していただくこともできません。


単価の低い農作物(特に野菜)で梱包に力を入れることは難しいかもしれません。

特にダンボールの印刷は非常に高価です。

そんな時におすすめなのが、ダンボールに農園のオリジナルロゴシールを貼ることです。

シールであれば安価ですし、十分良い見た目になりますし、満足度も高いです。

魅力的なホームページがある

ネット販売において、ホームページのクオリティは最重要です。

直販においてもっとも手間がかかるのが集客なのですが、

「閲覧者の10人に1人が購入するホームページ」と「閲覧者の10人に2人が購入するホームページ」があれば、後者は集客の手間が半分になります。

そのぶん広告費も最小に抑えられるでしょう。

ホームページが魅力的であれば、メディア出演依頼が届いたり、取引先が増えたりして、農園のブランドが確立されやすくなり、高単価での販売が可能となります。


・集客の手間と費用を抑えることができる
・ブランドを確立しやすくなる


これらの理由からホームページには注力すべきですし、事実としてネット販売でうまくいっている農園は魅力的なホームページを持っています。

農家さんによる農作物のネット販売まとめ

農家さんによる野菜や果物のネット販売まとめ

ネット販売は始めることも、売上を伸ばすこともハードルが高い販路。

しかし、うまくいけば、手間を減らしつつ売上を青天井に伸ばせる最高のメソッドです。

ぜひ導入をご検討くださいませ。

無料のお役立ち資料がございます

2020年9月の創業以来、ファームコネクトは多数の農園のネット販売を支援してきました。

実績の一例を挙げると、以下の通りです。

  • 開園3年目の新規農園で月次150万円売上
  • とうもろこしで日次売上100万円超え
  • 枝豆を1日で130kg販売し、売上38万円
  • トマトを販売開始後24時間で20万円売上

※いずれも収量の関係で途中で販売停止。
※この実績は一部です。

ネット販売は地域での販売と異なり、全国を相手に商売できるので売上に上限が(ほぼ)ございません。


そのため、うまく活用すれば下記のように大量のご注文を得ることができるのです↓

※こちらは1日で100万円以上のご注文を受けた際の画面。

このたび、多くの販売実績を残してきたノウハウを、無料のお役立ち資料(全6冊)にまとめました。


農園の直販売上アップに少しでも興味のある方は「無料お役立ち資料ご請求ページ」からご請求いただけますので、よければご覧くださいませ。

※資料は予告なく公開を停止、あるいは有料化する場合がございます。

\ 資料はこちらからどうぞ /

会社概要

商号株式会社リタテラス
事業名ファームコネクト
創業2020年9月2日
設立2022年1月13日
資本金1,200,000円
所在地東京都渋谷区道玄坂1-10-8
渋谷道玄坂東急ビル2F-C
事業内容Web制作
Web集客支援
シェアはこちらから

↓コメントお待ちしております↓

コメントする

CAPTCHA


目次