農家になるには

脱サラ農業で失敗・後悔しないために。事前にやるべきことや成功者の特徴を解説!

脱サラ農業で失敗・後悔しないために。事前にやるべきことや成功者の特徴を解説!
脱サラして就農を考えているけど、うまくいくか不安だな。失敗や後悔もしたくないし。成功している農家はどんな人たちだろう?成功するためにやるべきことってあるのかな。

 

こんな方に向けた記事です。

 

本記事の内容

  • そもそも脱サラして農業を始める人って多いの?
  • 脱サラ農業で成功している人の3つの共通点
  • 失敗しないためにやるべきこと

この記事は、千葉県船橋市にある農家さんのネット販売支援団体【ファームコネクト】が書いています。

 

2020年9月に創業とまだ若いですが【船橋市役所農水産課】さまや、【船橋市観光協会】さまにも応援いただいている組織です。

 

ホームページを制作したり、SNS運用したり、web広告を運用したり…

 

さまざまな手段を用いて、農家さんのネット販売をサポートしています。

プロフィール

 

今回は、多くの脱サラ就農した農家さんにヒアリングしてわかった、「成功する農家さんの共通点」と「就農の前にすべきこと」を紹介していきます。

 

そもそも脱サラして農業を始める人って多いの?

脱サラして農業を始める人って多いの?

農林水産省によると、家業を継ぐのではなく、自分で土地や資金を調達して就農した人が年間3,000人強も存在することです。

 

このなかにはアルバイトで資金を貯めた方も含まれていますが、大半は脱サラして農業を始めた方でしょう。

 

ちなみに、脱サラ就農した人のうち、2,300人ほどは49歳以下の、農業においては若者に分類される人たちです。

 

「若者ばなれ」と称されがちですが、実は若者の就農者は年々増加傾向にあります。

 

詳細は下記で解説しているのでよかったらどうぞ。

【若者離れは嘘?】若手の農業人口が増加中!就農理由とその実態とは
【若者離れは嘘?】若手の農業人口が増加中!就農理由とその実態とは

続きを見る

 

脱サラ農業で成功している人の特徴【失敗回避】

脱サラ農業で成功している人の特徴【失敗回避】

脱サラ就農して成功されている方を多数見てきたのですが(年商数千万の方も)、彼らには共通点があります。

 

ここでは、多くの農家さんと関わってきたファームコネクトだからわかる、脱サラ農業で成功されている方の共通点をシェアしていきますね。

 

研究熱心で学ぶ姿勢がある

成功している農家さんは上昇志向が強く、学ぶ姿勢が凄まじい方が多いです。

 

講演会にいって最新情報を入手したり、農家さん同士のコミュニティーに所属して先輩農家さんからアドバイスを受けたり…。

 

フットワークの軽さ・コミュニケーション力を活かして、さまざまな場に赴いたり、人に話を聞くことで知識を吸収している方が多いのです。

 

また、農家さんは基本的に夜は作業できないので、そういった時間に本で勉強している方もいらっしゃいます。

 

数ある本の中でも脱サラして起業したいという方には「農で1200万円!」という書籍がオススメとのこと。

 

事前に読んでおくと「稼げる農業」のイメージがつくはずです。

 

前職で身につけたスキルを活かしている

先ほど軽く触れましたが、脱サラ就農された方は、サラリーマン時代に培ったコミュニケーション力を活かして知識習得に励んでいます。

 

また、PCスキルを活かしてこまかくデータ管理したり、あるいはSNSを活用して集客したり…と、より近代的な手法で農業に取り組んでいる方が多いです。

 

なかには自分でオンラインショップを開設して、野菜のネット販売を始めてしまうような方も。

 

売り方がうまい

農業で大きく儲けるためには、消費者に直接作物を販売するほかありません。

 

市場やJAに卸すだけだと単価を上げることができないからです。

 

脱サラ就農する方の強みは、「農業」という仕事を俯瞰して見れること。

 

長らく農業に携わっている方は「市場やJAに卸すしかない」という考えに染まりやすいため、自分で作物を販売するという思考に至りづらいです。

 

しかし元々サラリーマンだった方は、良い意味で真っさらな状態。

 

そのため「自分が稼ぐもっとも良い方法」を選択していくことができます。

 

変なしがらみを気にせずに営農できるため、ある意味シビアに、最善策を取り続けることができるのです。

 

先ほど述べたような、自分でオンラインショップとSNSを解説してネット販売を始める方も、その一例です。

 

大きく稼いでいる脱サラ就農者は、皆さんこの傾向が強いですね。

 

脱サラ農業で失敗・後悔しないために、事前にやるべきこと

脱サラ農業で失敗・後悔しないために、事前にすべきこと3選

せっかく脱サラして就農しても、失敗しては意味がありません。

 

後悔することがないよう、事前にやっておいた方が良いことを紹介していきます。

 

知識・技術の習得

休日に農業体験・農業ボランティア等を活用して、ノウハウを学んでおくことをオススメします。

 

農業体験ではノウハウのみならず、農業の良さも体感することができ、就農へのモチベーションが上がりやすくなるでしょう。

 

私たちファームコネクトも農業体験をしていた時に、将来就農するときのために週末のみ農業ボランティアしている方と出会いました。

中込農園さま
短期住み込み農業バイトを中込農園様にて行いました【体験談】

続きを見る

 

また、自宅で家庭菜園をしたり、貸し農地で作物をそだてて知識を習得するのもいいですよね。

 

手段はさまざまですが、事前に一定の知識を身につけてから就農することをオススメします。

 

資金

農業にはどうしても膨大な資金が必要です。

 

農業機械は数百万するものもありますし、農具・肥料・農薬・資材など…とにかく必要なものが多いのです。

 

また、作物はいきなりお金になるわけではなく、一定の栽培期間が必要なことも考慮すべきでしょう。(果樹だと3年以上かかるものもあります)

 

そのため、脱サラする前にあらかじめ貯金しておくことをオススメします。

 

ちなみに、新規就農者に向けた補助金が存在するので、その知識を持っておくとトクをする場面が多いです。

 

下記で新規就農者が使える補助金について紹介しています。

【若者離れは嘘?】若手の農業人口が増加中!就農理由とその実態とは
【若者離れは嘘?】若手の農業人口が増加中!就農理由とその実態とは

続きを見る

 

脱サラ農業で失敗を避ける方法まとめ

脱サラ農業で失敗を避ける方法まとめ

以上、脱サラ農業で成功されている方の共通点、および失敗回避のためにやるべきことを紹介してきました。

 

農業は個人事業ですので、圧倒的な裁量の広さ、会社員とちがって稼げる額に上限がないなど、多くの魅力があります。

【農家さん直伝】農業の魅力4選!若者にも魅力的な職業です
【農家さん直伝】農業の魅力4選!若者にも魅力的な職業です

続きを見る

 

これらの魅力を最大限味わうためにも、準備をしっかりおこない失敗を回避していきましょう。

 

本記事がすこしでも参考になれば幸いです。

 

※以下の記事もオススメです。

【社会人も、学生も】農業を効果的に学ぶおすすめの方法8選!
農業を効果的に学ぶおすすめの方法8選!【社会人も、学生も】

続きを見る

 

農業体験・週末農業をしたい方は「シェア畑」がおすすめ!

  • 農具、種、苗を完備しているので手ぶらで行ける
  • プロのサポート付き
  • 好きなときに通える
  • 駐車場完備

このような、圧倒的に親切なサービスでどんどん拡大しているのが【シェア畑】

 

私たちファームコネクトも農業体験に興味があり、いろいろな農家さんから話を聞きましたが、数あるサービスのなかでも群を抜いて良いサービスを提供しているとのこと。

 

プロお墨付きのサービスを活用して、「自分がそだてた新鮮野菜をおいしく食べる」体験をしてみませんか?

 

無料で見学可能ですので、農業に興味がある方は気軽に一度チェックしてみてはいかがでしょう↓

 

 

【農家さん向け】無料プレゼントがございます

ファームコネクトは創業以来多数の農家さんのネット販売を支援し、実績を残してきました。

 

サポートしている農家さんの中には、契約してから2ヶ月で日商29万円を記録したり、半日で売上36万円を達成した農家さんも。

 

↑実際の受注画面。販売開始と同時に注文の嵐が吹き荒れました。

 

そんなファームコネクトですが、このたび「ネット販売の始め方」および「売上アップ方法」を電子書籍にまとめ、無料プレゼントする運びとなりました!

 

書籍の感想をいただき、それをもとに改善を重ねたのち、Amazonにて有料販売する予定です。

  • 新しい販路を開拓して農園の収益をアップさせたい
  • ネット販売に興味があるけど最適な方法が分からない

こんな方はぜひお手にとって頂けましたら幸いです。

詳細はこちらのページをご覧ください。

 

プレゼントの詳細を見てみる

 

-農家になるには
-

© 2021 ファームコネクト