農家になるには

農家が個人事業主になるとき屋号はどうすべき?決め方と注意点を解説!

農家が個人事業主になるとき屋号はどうすべき?決め方と注意点を解説!
就農にあたって個人事業主になろうと思うんだけど、屋号ってどうしたらいいかな?決める際に何か注意点とかあったら教えてほしい。

 

こんな方に向けた記事です。

 

本記事の内容

  • そもそも屋号は必要なのか?
  • 農家さんが屋号をつける際の注意点
  • どうしても思いつかない場合にやるべきこと

この記事は、千葉県船橋市にある農家さんのネット販売支援団体【ファームコネクト】が書いています。

 

2020年9月に創業とまだ若いですが【船橋市役所農水産課】さまや【船橋市観光協会】さまにも応援いただいている組織です。

 

ホームページを作成したり、SNS運用代行したり、web広告を運用したり…

 

さまざまな手段を用いて、農家さんのネット販売をサポートしています。

プロフィール

 

さて、今回は私たちが現役農家さんにインタビューした内容をもとに「農家さんの屋号」について解説していきます。

 

農家さんが個人事業主になるとき屋号は必要なのか?

農家さんが個人事業主になるとき屋号はなぜ必要なのか?

結論から述べると、屋号は必須ではありません。

 

開業届に屋号を記入する欄があるのですが、実は空欄でも構わないのです。

【2021最新版】農業に開業届は必要?具体的な手続きをまとめてみた
【2021最新版】農業に開業届は必要?具体的な手続きをまとめてみた

続きを見る

 

いったん屋号の部分は空欄で開業届を提出して、あとから屋号をつけることも可能です。

 

とはいえ、屋号があった方が事業内容について知ってもらいやすいので、極力つけておくことを推奨します。

 

ちなみに屋号は後からいくらでも変更可能です。

 

全体的に企業名等と比べると、屋号は規則が緩いといえます。「自分の事業内容について知ってもらいやすくするもの」程度の位置付けですね。

 

農家さんが屋号をつける際の注意点

農家さんが屋号をつける際の注意点

屋号を使う場所は多岐にわたります。

 

名刺・事業用の口座・領収書・契約書・直売所の看板・請求書・ネット販売するならHPの特定商取引法の欄など…

 

そのため、いくら屋号は後から変えられるとはいえ、変えると面倒です。

 

基本的には二度と変えないつもりで屋号を考えることを推奨します。

 

…ということで、ここでは屋号をつける際の注意点について述べていきますね。

 

結論から述べると以下の3つが注意点といえるでしょう。

  • 読みやすいものにする
  • 他と重複しないように
  • 作物の名前は使わないようにする

それぞれ解説していきます。

 

読みやすいものにする

既述のとおり、屋号は事業内容を知ってもらいやすくするもの程度の位置付け。

 

そのためあまりに難解な漢字だったり、あるいは音読みか訓読みか迷ってしまうような屋号は避けたほうがベターです。

 

領収書の宛名を店員さんに書いてもらうといった場合も面倒ですからね。

 

商売的にも、実用的にも屋号は極力シンプルで読みやすいものにすると良いでしょう。

 

他と重複しないように

他の農園と屋号が重複していると、インターネットで検索した時に「他の農園ばかりが出てきて自分の農園が出てこない」という事態に陥ります。

 

原則的にインターネットの検索結果は古くからある情報を優遇するので、他の農園とは屋号が被らないようにすべきです。

 

思いついた屋号を検索してみて、他に同じ名前の農園がないか確認してから最終決定しましょう。

 

作物の名前は使わないようにする

ときおり作物の名前を屋号に含めている農家さんがいらっしゃいます。

 

けっして悪いことではないのですが「できれば」避けた方が吉です。

 

なぜなら栽培する作物は変更する可能性があるからです。

 

もし屋号に作物名を使っていた場合、作物を変えたら屋号も変更する必要が出てきてしまいます。

 

基本的に屋号に作物名を使用するのは、今後5~10年は絶対に作物を変えない!という場合のみにしておいた方が無難です。

 

農家さんの屋号がどうしても思いつかない場合

農家さんの屋号がどうしても思いつかない場合

屋号は必須かどうか、屋号を決める際の注意点について述べてきました。

 

上で「屋号は二度と変えない方がいい」といってしまったので、屋号決めに悩む方が出てきてしまったかもしれないですね。

 

ここでは屋号がどうしても思いつかない場合の解決策を2つ述べていきます。

 

ブレインストーミングする

一般によく「ブレスト」と呼ばれているもの。

 

これは何かと言うと「とにかく思いついたアイデアをバンバン出しまくる」というものです。

 

基本的には複数人で行いますが、屋号決めにおいては以下の方法でやれば一人でも可能です。

  1. 「2分間」など時間を決めて、自分の事業(農業)に関する単語やカッコイイと思う単語をひたすらノートに書き綴る
  2. ノートに書き出した単語をつなげたり、あるいは削いだりして最終的な屋号を決定する

実は「ファームコネクト 」という名前もこの方法で決定しました。

 

一発で屋号を決めようとするよりも、まずは思いつく単語をひたすら書き綴る(可視化する)ことで新たな発見があるものです。

 

強くオススメしたい方法ですね。

 

公募する

自分で決められない場合は「他者にお願いする」のも一つの手です。

 

SNSで募集してみると、名前を考えてくれた人がそのままファンになることもあるかもしれませんね。

 

自分が名前を考えた農園はその人にとって特別なはずなので。

 

あるいは、ランサーズクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトで名前を決めてもらうのもアリ。

 

お金はかかってしまいますが、プロに納得のいく名前を決めてもらえますよ。
※会員登録は無料

 

また、ランサーズやクラウドワークスよりもカジュアル且つ安価に仕事依頼できるサイトでココナラというものがあります。

 

こちらも登録は無料なのでよかったら覗いてみてください。

 

ファームコネクトの周りにもココナラで名刺やPOPのデザインを頼んだ方が多々います。

 

農家さんが個人事業主になる際の屋号まとめ

農家さんが個人事業主になる際の屋号まとめ

以上、農家さんの屋号決めについてでした。

 

「屋号は規則が緩いからそこまで深刻に考えなくて大丈夫」という考えの方もいますが、我々としてはやはり新しく事業を始める上で「愛せる名前」にできるかどうかは今後のやる気、ひいては成功の可否にも関わってくるのかなとも思います。

 

面倒だし難しいことではありますが、自分が100%納得できる屋号を追い求めてほしいですね。

 

上でも述べたとおり、あとから屋号を変えるのも相当手間がかかりますので。

 

それでは、ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

 

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

農業体験・週末農業をしたい方は「シェア畑」がおすすめ!

  • 農具、種、苗を完備しているので手ぶらで行ける
  • プロのサポート付き
  • 好きなときに通える
  • 駐車場完備

このような、圧倒的に親切なサービスでどんどん拡大を続けているのが【シェア畑】

 

私たちファームコネクトも農業体験に興味があり、色々な農家さんから話を聞きましたが、数ある貸し農園サービスのなかでも群を抜いて良い環境を提供しているとのこと。

 

プロお墨付きのサービスを活用して、「自分が育てた新鮮野菜を美味しく食べる」体験をしてみませんか?

 

無料で見学可能ですので、農業に興味がある方は気軽に一度チェックしてみてはいかがでしょう↓

 

 

【農家さん向け】無料プレゼントがございます

ファームコネクトは創業以来多数の農家さんのネット販売を支援し、実績を残してきました。

 

サポートしている農家さんの中には、契約してから2ヶ月で日商29万円を記録したり、半日で売上36万円を達成した農家さんも。

 

↑実際の受注画面。販売開始と同時に注文の嵐が吹き荒れました。

 

そんなファームコネクトですが、このたび「ネット販売の始め方」および「売上アップ方法」を電子書籍にまとめ、無料プレゼントする運びとなりました!

 

書籍の感想をいただき、それをもとに改善を重ねたのち、Amazonにて有料販売する予定です。

  • 新しい販路を開拓して農園の収益をアップさせたい
  • ネット販売に興味があるけど最適な方法が分からない

こんな方はぜひお手にとって頂けましたら幸いです。

詳細はこちらのページをご覧ください。

 

プレゼントの詳細を見てみる

 

-農家になるには
-

© 2021 ファームコネクト