農家さんも営業するの?農作業だけが仕事ではなくなっている話

農家さんも営業するの?農作業だけが仕事ではなくなっている話
ファームコネクトのお役立ち資料集
農業に興味があるんだけど、農家さんも営業ってするのかな。営業をするならば、重要なことって何だろう。

 

こんな方に向けた記事です。

 

本記事の内容

  • 農家さんの営業とは
  • 農家さんの営業先
  • 営業において重要なこと3選

この記事は、千葉県船橋市にある農家さんのネット販売支援団体【ファームコネクト】が書いています。

 

2020年9月に創業とまだ若いですが【船橋市役所農水産課】様にも応援いただいている組織です。

 

HPを作成したり、SNS運用代行したり、web広告を運用したり…

 

様々な媒体を活用して、農家さんのIT進出をお手伝いしています。

プロフィール

 

今回は、多くの農家さんからヒアリングした内容をもとに、農家さんの営業について解説していきます。

 

目次

農家さんの営業とは

農家さんの営業とは

農家さんは作物の栽培のみならず、育てた作物の販売も行っています。

 

作物の魅力を伝え、お客様に購入していただけるようにすることが農家さんの営業です。

 

農園の野菜を使ってもらえるよう飲食店に営業したり、ネット販売で消費者に購入してもらえるようSNSに注力することも営業の一種で、営業方法は農家さんそれぞれ。

 

収入を増やすためには、農作業と同じくらい売り先が重要となってきます。

 

農家さんの営業先

農家さんの営業先

それでは、農家さんの営業先にはどういったものがあるのでしょうか?

 

結論から述べると「消費者」「小売店」「飲食店」の3つのケースがあります。

 

消費者に営業するには、ネット販売や直売所、移動販売での営業が必要です。

 

小売店については、スーパーの地場野菜コーナーや道の駅があります。これらのお店に野菜を置いてもらえるよう営業をかけるのです。

 

飲食店については、上でも述べたとおり農園の野菜を使って料理をしてもらえるように営業をかける必要があります。

 

このなかでも特にオススメなのが、消費者に直接営業をかける販路です。

 

さらにいえば、全国の消費者を相手取って営業できる点で、ネット販売が優れているといえるでしょう。

 

うまく作物を営業することで、高単価での販売も可能となりますし、農園のファンがついて売上の安定化に繋がるというメリットがあります。

 

農家さんになって営業する際に心がけること3選

農家さんになって営業する際に心がけること3選

さて、農家さんになって実際に営業する場合、重要となることは何でしょうか?

 

素晴らしい作物を育てても売り先がなかったり、利益率が低ければ徒労に終わってしまいますよね。

 

多くの先輩農家さんにヒアリングして書いた本記事を、少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

土俵を選ぶ

売り先が多様なぶん、勝負する土俵を自由に選ぶことができます。

 

このことから、技術が優れている先輩農家さんと同じ土俵に立って勝負することは避けた方が吉。

 

市場や農協だとベテラン農家さんと同じ売り先となってしまい、そのぶんハードルが高いです。

 

高品質な野菜しか卸すことができませんし、一定の量が必要となり、新規就農者には正直難しい部分が。

 

そのため、初心者ほど直接消費者へアプローチすることを推奨します。直売所でもいいですし、移動販売やネット販売でも構いません。

 

消費者からみると、あなたが野菜のプロだからです。ベテラン農家であろうと、農業初心者であろうと、消費者からすると大きな違いはなく、どちらもプロ。

 

自分の立ち位置を理解し、勝てるところで勝負して行くことをオススメします。

 

差別化する

他の農家さんとは異なる「強み」を作ることで営業しやすくなります。

 

最先端のテクノロジーを使って栽培したり、ホームページや各種SNSを使って育てている農作物の付加価値をあげるなど、周りの農家さんがやっていないことをしていくといいですね。

 

この10年で農家さんの人口は100万人減少しています。

 

多くの農家さんが同じことをしていたため、競争に勝てず減っていっているという事実があるのです。

 

少しでも周りの農家さんとは違ったこだわりを打ち出していくことをオススメします。

 

メディアを利用する

何かを売り出すときに、メディアを活用するのも一つの手です。

 

地域密着の情報誌でもいいですし、全国紙にプレスリリースできればいいですよね。

 

売り先に直接アプローチすることも大事ですが、まずは知ってもらうことが最重要です。

 

うまくいけば自ら営業する必要がなく、売り先からお話が来ることも。

 

ファームコネクトのお客様である芳蔵園さまは、梨のドライフルーツを加工販売するためにクラウドファンディングを実施しました。

 

その際に、各種新聞社にアプローチしたことで、目標金額の30万円を大きく上回る100万越えで終えることができました。

 

メディアに露出したことで、コンビニに置いてもらったり、新たな加工販売の話が来たとか。

 

メディアを活用して知名度を高めることも、営業戦略の一つです。

 

農家さんの営業まとめ

農家さんの営業まとめ

以上、農家さんの営業についてでした。

 

以前よりも作物の販売ルートが多様化していることから、営業先も増えてきています。

 

どの営業先に、どのように営業していくかの戦略次第で、収入は大きく変わってきます。

 

就農する前に、ある程度販売戦略を練っておくと、スムーズに農業で生計が立てられるようになるかもしれませんね。

 

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

無料のお役立ち資料がございます

2020年9月の創業以来、ファームコネクトは多数の農園のネット販売を支援してきました。

実績の一例を挙げると、以下の通りです。

  • 開園3年目の新規農園で月次150万円売上
  • とうもろこしで日次売上100万円超え
  • 枝豆を1日で130kg販売し、売上38万円
  • トマトを販売開始後24時間で20万円売上

※いずれも収量の関係で途中で販売停止。
※この実績は一部です。

ネット販売は地域での販売と異なり、全国を相手に商売できるので売上に上限が(ほぼ)ございません。

そのため、うまく活用すれば下記のように大量のご注文を得ることができるのです↓

※こちらは1日で100万円以上のご注文を受けた際の画面。

このたび、多くの販売実績を残してきたノウハウを、無料のお役立ち資料(全6冊)にまとめました。


農園の直販売上アップに少しでも興味のある方は「無料お役立ち資料ご請求ページ」からご請求いただけますので、よければご覧くださいませ。


※資料は予告なく公開を停止、あるいは有料化する場合がございます。

\ 資料はこちらからどうぞ /

会社概要

商号株式会社リタテラス
事業名ファームコネクト
創業2020年9月2日
設立2022年1月13日
資本金1,200,000円
所在地東京都渋谷区道玄坂1-10-8
渋谷道玄坂東急ビル2F-C
事業内容Web制作
Webマーケティング支援
シェアはこちらから

↓コメントお待ちしております↓

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる