農業経営

農家さんを悩ませる連作障害とはおさらば!おすすめ対策法3選

農家さんを悩ませる連作障害とはおさらば!おすすめ対策法3選
連作障害ってなぜ起こるのかな。他の農家はどうやって対策しているんだろう?連作障害への対策方法を教えてほしい。

 

こんな方に向けた記事です。

 

本記事の内容

  • そもそも連作障害とは?
  • 連作障害が起こる理由
  • 連作障害への対策方法

この記事は、千葉県船橋市にある農家さんのネット販売支援団体【ファームコネクト】が書いています。

 

2020年9月に創業とまだ若いですが【船橋市役所農水産課】さまや【船橋観光協会】さまにも応援いただいている組織です。

 

ホームページを作成したり、SNS運用代行したり、web広告を運用したり…

 

様々な媒体を活用して、農家さんのIT進出をお手伝いしています。

プロフィール

 

今回は、上記の活動を通じてお会いしたベテラン農家さんたちにヒアリングした結果をもとに、連作障害への対策方法をご紹介していきます。

 

そもそも連作障害とは

そもそも連作障害とは

おなじ野菜をおなじ圃場で作りつづけると起きてしまう現象で、収穫量がへったり、クオリティが低下してしまうことを指します。

 

  • 昨年はしっかり収穫できたのに、今年はうまくいかなかった
  • 野菜の形が急に悪くなった
  • 栽培方法に問題はなかったはずなのになぜか枯れてしまった

…といったことがあれば、連作障害の疑いがあるので注意が必要です。

 

ベテラン農家さんから聞いた、連作障害が起こる理由

ベテラン農家さんから聞いた、連作障害が起こる理由

連作障害の原因をみていきましょう。

 

農家を長い間やっている方でも、時として起こってしまう現象です。

 

主に2つの原因があるのでそれぞれ解説していきます。

 

【連作障害の理由その1】病害虫の増加

もっとも多いケースとのこと。

 

長年おなじ作物を作りつづけることで、土にいる特定の病害虫が増加してしまい、作物の成長を阻害してしまいます。

 

土壌内に一定数の病害虫がいることは問題ないのですが、連作することで病害虫が増えて土壌内のバランスを崩してしまいます。

 

これにより、作物がうまく育たないという現象が起きてしまうのです。

 

【連作障害の理由その2】土壌内の栄養バランスの乱れ

作物ごとに、土壌内にある特定の栄養素を吸収します。

 

おなじ作物を作りつづけると、その作物が吸収する特定の栄養素のみが土壌中から無くなるため、バランスが崩れてしまい、連作障害が起きてしまうのです。

 

ベテラン農家さんから聞いた、連作障害への対策方法

ベテラン農家さんから聞いた、連作障害への対策方法

それでは、本題である連作障害への対策方法を述べていきます。

 

ここでお伝えする内容をもとに、連作障害を避けていきましょう!

 

【連作障害対策その1】輪作をする

「育てる作物を一定のサイクルで変えていく」という対策方法。

 

ごくごく一般的な対策方法ですが、なかには輪作できていない農家さんも。

 

なぜそのような農家さんが存在するのかというと、数年にわたって連作できる作物が存在するからです。

 

イチゴやほうれん草は1〜2年、枝豆やトマトは3〜4年はおなじ圃場にて栽培できるといわれています。

 

毎年場所を変更できればベストですが、作物の種類や植えた時期によって、うっかり連作年数をオーバーすることがあるとのこと。

 

これを避けるには、より綿密な管理をおこなうほかありません。

 

日々の栽培の記録ができる「畑らく日記」や「アグリハブ」といった管理アプリがおすすめです。

 

農作業に役立つサービスについては、以下の記事をご覧ください。

農業もアプリで効率化!おすすめ10選【完全無料】
農業もアプリで効率化!おすすめ10選【完全無料】

続きを見る

農業プラットフォームサービスおすすめ15選【本当に役立つ】
農業プラットフォームサービスおすすめ15選【本当に役立つ】

続きを見る

 

【連作障害対策その2】有機肥料を与える

米ぬかや牛糞といった有機肥料が、連作障害には効果的とのこと。

 

栄養不足になった土壌に有機肥料が栄養をあたえて微生物のバランスを整えてくれます。

 

土壌に有機肥料を与えることで作物がおいしくなることもしばしば。

 

手間がかかりますが、おいしい作物を育てるためにも有機肥料はオススメです。

 

【連作障害対策その3】連作に強い作物を育てる

「連作につよい作物」が存在します。

 

一般的に、連作につよいと言われている作物は以下のとおり。

  • アスパラガス
  • トウモロコシ
  • ニンニク

 

また、その他の作物においても、連作に強い品種が開発されてきています。

 

種屋さんや苗屋さんで購入できるので、ためしに購入してもいいかもしれませんね。

 

【番外編】土壌消毒をする

土壌内を消毒してきれいにする方法ですが、こちらはお勧めしません。

 

土壌消毒の手段としては、太陽光をつかった熱消毒や、薬をつかった化学消毒が挙げられますが、いずれも土壌内の良い栄養素・微生物もいっしょに消毒してしまうので、一から土壌づくりをする必要性が生じてしまいます。

 

農家さんの連作障害対策まとめ

農家さんの連作障害対策まとめ

以上、農家さんの連作障害対策でした。

 

ベテラン農家さんでも時には遭遇してしまう現象ということで、対策は容易ではありません。

 

しかし、連作障害が起こる確率をすこしでも下げることが農業においては肝要といえるでしょう。

 

本記事がすこしでも参考になれば幸いです。

 

こちらの記事も人気です↓

【農家初心者必見】農業経営が学べるおすすめビジネス本7選!
【農家初心者必見】農業経営が学べるおすすめビジネス本7選!

続きを見る

 

 

 

【農家さん向け】無料プレゼントがございます

ファームコネクトは創業以来多数の農家さんのネット販売を支援し、実績を残してきました。

 

サポートしている農家さんの中には、契約してから2ヶ月で日商29万円を記録したり、半日で売上36万円を達成した農家さんも。

 

↑実際の受注画面。販売開始と同時に注文の嵐が吹き荒れました。

 

そんなファームコネクトですが、このたび「ネット販売の始め方」および「売上アップ方法」を電子書籍にまとめ、無料プレゼントする運びとなりました!

 

書籍の感想をいただき、それをもとに改善を重ねたのち、Amazonにて有料販売する予定です。

  • 新しい販路を開拓して農園の収益をアップさせたい
  • ネット販売に興味があるけど最適な方法が分からない

こんな方はぜひお手にとって頂けましたら幸いです。

詳細はこちらのページをご覧ください。

 

プレゼントの詳細を見てみる

 

-農業経営
-

© 2021 ファームコネクト