農業経営

【最新版】農業で設備投資する際に使える補助金をまとめてみた

【最新版】農業で設備投資する際に使える補助金をまとめてみた
設備投資したいけど、補助金が出るって本当?高額な農業機械が買えたらもっと楽になるのに。設備投資の際に使える補助金をまとめたサイトを教えてほしい。

 

こんな方に向けた記事です。

 

本記事の信頼性

この記事は、千葉県船橋市にある農家さんのネット販売支援団体【ファームコネクト】が書いています。

 

2020年9月に創業とまだ若いですが【船橋市役所農水産課】様や、【船橋市観光協会】様にも応援いただいている組織です。

 

HPを制作したり、クラウドファンディングへの出品代行をしたり、web広告を運用したり…

 

様々な媒体を活用して、農家さんのIT進出をお手伝いしています。

ファームコネクトのプロフィール
プロフィール

続きを見る

 

農業で設備投資する際に使える補助金5選

農業で設備投資する際に使える農業補助金5選

設備投資をすることで、身体的に楽になったり、時間を大幅に節約できるというメリットがあります。

 

近年では、スマート農業の発展やロボット技術の向上により農家さんの負担を軽減できるようになってきました。

 

設備投資といっても様々で、例えば以下のものの導入が設備投資と言えるでしょう。

  • 農薬散布用ドローン
  • 自動選別機などの農業機械
  • HP、オンラインショップ
  • 顧客管理システム

このように、農業における設備が指すものは広範にわたります。

 

ただ、これらを導入するにはお金が必要ですし、高いものは数百万円もするものもあるので、補助金がおりたらいいですよね。

 

そんな補助金ですが、たくさん種類があり非常にわかりづらいのが実状です。

 

本記事では、農業で設備投資する際に使える補助金について、少しでも分かりやすく解説していきます。

 

それでは、参りましょう。

 

強い農業・担い手づくり総合支援交付金

農林水産省が提供している、産地の収益力強化と担い手育成のための補助金です。

 

これだけだとよくわからないですよね。

 

簡単にいうと、農業における「担い手(=農業関係者)が産地(=地域や地方)を盛り上げよう」という政策に対しての補助金です。

 

例えば、野菜や果物の出荷量の増加や、卸市場の取引額を向上させるためのもの。

 

詳細を見ると、令和元年の予算額はなんと200億円。それほど国が農家さんを支援している証拠です。

 

支援タイプは3つあるのですが、ほとんどの農家さんは「地域育成担い手支援タイプ」が対象となります。

*他の2つは企業様や農業団体向けの補助金。

 

農家さんの経営基盤の発展のために、農業機械に設備投資する際に補助がおります。

 

耐用年数5〜20年の農業機械で、購入金額の30%補助が出ます。(上限300万円までもらえます)

 

詳細は農林水産省のHPよりご確認ください。

 

担い手確保・経営強化支援事業

さきほどの「強い農業・担い手づくり総合支援交付金」と似ていますが、微妙に違います。

 

こちらも農林水産省が提供していますが、最先端のテクノロジーやロボットを導入する際におりる補助金です。

 

購入金額の50%補助が出ます。(上限1,500万円までもらえます)

 

最先端の技術でスマート農業に携わりたいという意欲的な農家さんにオススメの補助金です。

 

詳しくは農林水産省HPよりご確認ください。

 

経営継続補助金

これも農林水産省が提供している補助金で、農業だけでなく林業・漁業も対象にした補助金です。

 

新型コロナウイルスの影響で新設されました。感染予防や新たな販路開拓、および経営継続を支援する補助金です。

 

対象は、個人自業主および20人以下の従業員をもつ中小企業。補助上限額は100万円です。

 

人同士の接触機会を減らすという名目ですので、農薬散布用ドローンや無人の自動選別機といった、非接触型の農業機械を購入する際に補助がおります。

 

農業用ドローンの補助金はこちらの記事でも取り上げていますので、ぜひ参考にしてみてください。

農業用ドローンが対象の補助金3選!ドローンの用途も含めて初心者向けに解説
農業用ドローンが対象の補助金3選!ドローンの用途も含めて初心者向けに解説

続きを見る

 

経営継続補助金の詳細も農林水産省HPより確認できます。

 

ものづくり補助金

中小企業庁が実施する、個人自業主および中小企業向けの補助金です。

 

革新的なサービスへの取り組みや、抜本的な生産プロセスの改善に取り組む際におりる補助金です。

 

購入金額の66.6%まで補助が出ます。(上限1,000万円までもらえます)

 

革新的な農業に挑戦したいという農家さんにはオススメです。

詳しくは中小企業庁HPで確認できます。

 

IT導入補助金

経済産業省および独立行政法人中小企業基盤整備機構が提供している補助金です。

 

その名の通り、IT導入の際におりる補助金。

 

農家さんで言えば、ECサイト上での受注管理システムや在庫管理システムを導入する際に補助がおります。

 

ネット販売をスタートしたい。農作物の在庫を見える化したいという農家さんにはぴったりです。

 

補助額は申請額の50%、最大450万円。詳細はこちらのページで確認できます。

 

この補助金を利用する際は、各都道府県に補助金申請のサポートを行ってくれるIT導入支援事業者がいます。(一覧はこちら)

 

農業で設備投資する際に使える補助金まとめ

農業で設備投資する際に使える補助金まとめ

以上、設備投資する際に使える補助金でした。

 

補助金関係は面倒に感じてなかなか手が出ない…という方も多いと思いますが、本記事で解説した通り多額の補助が出るケースも多々あります。

 

また、実際に申請してみると、意外と難しくなかった…なんてことも多いです。

 

我々もとある農家さまの補助金申請をお手伝いしたことがあるのですが、申請自体は2時間もかからずに終わりました。

 

慣れてしまえば1時間で終わるな〜というのが本音です。

 

1,2時間の作業で何十万円も貰えるのでしたら、これだけ良い仕事はないですよね。

 

補助金申請も一つの仕事だと考えて、取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

農家さんのネット販売を支援しています

船橋市役所農水産課

船橋市観光協会

  • 新しく販路を開拓して農園の収益をアップさせたい
  • ネット販売に興味があるけど最適な方法が分からない
  • 誰かに頼みたいけど、騙されたりしたら怖いし、信頼できる人や会社が分からない
  • 販売はプロに任せて自分は生産に集中したい

こんな農家さんに向けて、本サイトの運用団体であるファームコネクトはネット販売を支援しています。

 

サポートしている農家さんの中には、ネットでの発信を開始して1ヶ月半で日商29万円を記録したり、半日で売上36万円を達成した農家さんも。

 

↑実際の受注画面。販売開始と同時に注文の嵐が吹き荒れました。

 

ファームコネクトは農業専門のネット販売サポーターとして、「農作物の販売」に特化したノウハウを駆使することで農園の収益アップに貢献します。

 

少しでも興味のある方はサービス詳細ページをご覧くださいませ。

\詳細はこちらから/

サービス詳細を見てみる

料金やサービス内容、よくある質問等を記載しているページに移行します。

-農業経営
-,

© 2021 ファームコネクト