【2022最新版】農業機械・設備投資で使える補助金まとめ

【最新版】農業で設備投資する際に使える補助金をまとめてみた
農業経営の無料お役立ち資料

農業の機械や設備に投資したいけど、補助金が出るって本当?

高額な農業機械が買えたらもっと楽になるのに。

設備投資の際に使える補助金をまとめて教えてほしい。

こんな方に向けた記事です。



この記事は農園のWeb活用支援団体ファームコネクトが書いています。

ネット販売の代行、ホームページ制作、クラウドファンディング支援など、農業特化のWeb事業として様々なサービスを展開しています。

野菜で月次売上200万円、とうもろこしで日次売上100万円超えなど、多数の販売実績があり、行政とも提携している組織です。

ファームコネクトの事例紹介


上記の活動の際に、私たちはこれまで50件以上の補助金申請をサポートしてきて、採択率は96%を記録しています。

ファームコネクトの補助金申請サポートサービス



本記事では、農業機械や設備投資で使える補助金を一覧形式でご紹介していきますね。

目次

農業機械や設備投資に使える補助金

設備投資をすることで、身体的に楽になったり、時間を大幅に節約できるというメリットがあります。


近年では、スマート農業の発展やロボット機械技術の向上により生産者様の負担を軽減できるようになってきました。


一口に設備投資といってもその投資対象は様々で、例えば以下のものが設備といえるでしょう。

  • 農薬散布用ドローン
  • 自動選別機などの農業機械
  • HP、オンラインショップ
  • 顧客管理システム

このように、農業設備は多岐にわたります。


これらを導入するには多額の費用が必要ですので、補助金を活用できたら助かりますよね。


そんな補助金ですが、多くの種類があって自分に合った補助金が見つからなかったりして、申請がむずかしいのが実情です。


ここからは、農業の設備投資で使える補助金を一覧形式で解説していきます。(全部で6つ)

農業設備投資で使える補助金その1:小規模事業者持続化補助金

全国商工会連合会が実施する、小規模事業者(従業員数20名以下)向けの補助金です。


農業機械、チラシや看板、ホームページなど、補助対象が多いことが特徴で、ファームコネクトのクライアントである生産者様もこの補助金を使うことが多いです。


最大、料金の3/4が補助され(Web関連は1/4)、補助額の上限は200万円。


とても汎用性の高い補助金ですので、ぜひ活用してみてください。


※ファームコネクトは小規模事業者補助金の申請実績がもっとも多いです。


小規模事業者補助金の公式ページ

農業設備投資で使える補助金その2:事業再構築補助金

中小企業庁が実施する、個人事業主および中小企業向けの補助金です。


ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するための、企業の思いきった施策に対して補助金がおります。

私たちが申請サポートした事例としては、「新規事業の開始」「加工品開発用の工房開設&ECサイト制作」などがございます。


月次売上が10%以上減少しているなど、いくつかの申請条件がございますので公式ページをご覧ください。

事業再構築補助金の公式ページ

農業設備投資で使える補助金その3:ものづくり補助金

中小企業庁が実施する、個人事業主および中小企業向けの補助金です。


革新的なサービスへの取り組みや、抜本的な生産プロセスの改善に取り組む際におりる補助金。


購入金額の66.6%まで補助が出ます。(上限1,000万円までもらえます)



革新的な農業に挑戦したいという農家さんにはオススメです。


詳しくは中小企業庁HPで確認できます。

農業設備投資で使える補助金その4:IT導入補助金

経済産業省および独立行政法人中小企業基盤整備機構が提供している補助金です。


その名の通り、IT導入の際におりる補助金。


農園であれば、ECサイト上での受注管理システムや在庫管理システムを導入する際に補助がおります。


ネット販売をスタートしたい。農作物の在庫を見える化したいという生産者様にはぴったりです。


補助額は申請額の50%、最大450万円。詳細はこちらのページで確認できます。



この補助金を利用する際は、各都道府県に補助金申請をサポートをしてくれる事業者がいます。(一覧はこちら)

農業設備投資で使える補助金その5:強い農業・担い手づくり総合支援交付金

農林水産省が提供している、産地の収益力強化と担い手育成のための補助金です。


これだけだとよくわからないですよね。


簡単にいうと、農業における「担い手(=農業関係者)が産地(=地域や地方)を盛り上げよう」という政策に対しての補助金です。


例えば、野菜や果物の出荷量増加や、卸市場の取引額を向上させるためのもの。


令和元年の予算額はなんと200億円。


支援タイプは3つあるのですが、ほとんどの生産者様は「地域育成担い手支援タイプ」が対象となります。


※他の2つは企業様や農業団体向けの補助金。


生産者様の経営基盤の発展のために、農業機械に設備投資する際に補助がおります。



耐用年数5〜20年の農業機械で、購入金額の30%補助が出ます。(上限300万円までもらえます)


詳細は農林水産省のHPよりご確認ください。

農業設備投資で使える補助金その6:担い手確保・経営強化支援事業

さきほどの「強い農業・担い手づくり総合支援交付金」と似ていますが、少し異なります。


こちらは最先端のテクノロジーや農業用ロボットを導入する際におりる補助金で、購入金額の50%が補助されます。


スマート農業を始めたい生産者様にオススメの補助金です。


詳しくは農林水産省HPよりご確認ください。

農業機械や設備投資に使える補助金まとめ

農業で設備投資する際に使える補助金まとめ

以上、農業で設備投資する際に使える補助金でした。


補助金関係は面倒に感じる…という方も多いと思いますが、本記事で解説したとおり、多額の補助が出るケースも多々あります。

面倒ではありますが、せっかく官公庁が予算を用意してくれているので使わない手はありません。


ぜひ本記事を参考に補助金をうまく活用して、農園経営を円滑に進めていきましょう!

ファームコネクトの補助金申請サポートサービス

無料のお役立ち資料がございます

2020年9月の創業以来、ファームコネクトは多数の農園のネット販売を支援してきました。

実績の一例を挙げると、以下の通りです。

  • 開園3年目の新規農園で月次150万円売上
  • とうもろこしで日次売上100万円超え
  • 枝豆を1日で130kg販売し、売上38万円
  • トマトを販売開始後24時間で20万円売上

※いずれも収量の関係で途中で販売停止。
※この実績は一部です。

ネット販売は地域での販売と異なり、全国を相手に商売できるので売上に上限が(ほぼ)ございません。


そのため、うまく活用すれば下記のように大量のご注文を得ることができるのです↓

※こちらは1日で100万円以上のご注文を受けた際の画面。

このたび、多くの販売実績を残してきたノウハウを、無料のお役立ち資料(全6冊)にまとめました。


農園の直販売上アップに少しでも興味のある方は「無料お役立ち資料ご請求ページ」からご請求いただけますので、よければご覧くださいませ。

※資料は予告なく公開を停止、あるいは有料化する場合がございます。

\ 資料はこちらからどうぞ /

会社概要

商号株式会社リタテラス
事業名ファームコネクト
創業2020年9月2日
設立2022年1月13日
資本金1,200,000円
所在地東京都渋谷区道玄坂1-10-8
渋谷道玄坂東急ビル2F-C
事業内容Web制作
Web集客支援
シェアはこちらから

↓コメントお待ちしております↓

コメントする

CAPTCHA


目次