農家になるには

【衝撃】3Kはもう古い?農業のイメージは新3Kの時代です

農業のイメージは新3Kの時代へ!「感動・かっこいい・稼げる」最高の職業な件
どうして農業のイメージって悪くて「3K」と言われているのかな?就農してみたいけど、イメージが悪いから迷う。実際のところどうなのか、実態を教えてほしい。

 

こんな方に向けた記事です。

 

本記事の内容

  • そもそも3Kとは?
  • 実際に農業体験をしたり、農家さんと関わって感じた3Kの実態
  • 新3Kについて

この記事は、千葉県船橋市にある農家さんのネット販売支援団体【ファームコネクト】が書いています。

 

2020年9月に創業とまだ若いですが【船橋市役所農水産課】さまや【船橋市観光協会】さまにも応援いただいている組織です。

 

ホームページ を作成したり、クラウドファンディングへの出品代行をしたり、web広告を運用したり…

 

様々な媒体を活用して、農家さんのIT進出をお手伝いしています。

プロフィール

 

今回は、上記の活動をしつつ数々の農家さんにヒアリングしたり実際に農業体験をして感じたことをもとに、3Kについて述べていきます。

農業体験についてはこちら


中込農園さま
短期住み込み農業バイトを中込農園様にて行いました【体験談】

続きを見る

 

従来の農業のイメージである3Kとは

今の農業のイメージと旧3Kとは

一般的に使われている3Kという言葉は、「キツい・汚い・危険」を指します。マイナスな言葉ばかりですね。

 

他にも「稼げない」だとか、「結婚できない」と言われていたりも。

 

このマイナスなイメージが農業にあるためか、農業離れが加速しています。

 

農林水産省によると、平成31年の統計では平均年齢は67歳になり、上昇傾向にあるそう。参考:農業労働力に関する統計

 

また、資料からは農業従事者が毎年へっていたり、耕作放棄地が増加していることもわかります。

 

実際、イメージ通りなの?農業3Kの実態

農業が3Kと言われる理由

実際のところ、農家は3Kに当てはまる仕事なのでしょうか?

 

農家さんに直接ヒアリングしたり、我々が農業体験して感じたことをお伝えしていきます。

 

「キツい」について

正直なところ、たしかに「キツい」です。炎天下で肉体労働をする必要があるからです。

 

農業3k特にこのような「立ち鎌」と呼ばれる農具を使った草刈りはすごく「キツい」です

 

しかし、最近は最先端のテクノロジーにより農機具がIT化してきて、自動草刈りルンバや農薬散布機械が普及してきています。

 

↓マッスルスーツというモノも↓

農薬散布の機械ファームコネクトの活動拠点である千葉県船橋市にも、このような機械を導入した農家さんが!

 

とはいえ、やはり機械は高額なものばかり…。

 

もっと農家さんが購入しやすい金額になって普及率が上がらないかぎりは、ひきつづき「キツい」仕事であるといえるでしょう。

 

 

…と、このように体力的なキツさはもちろんですが、「時間の制約」も農業がキツいと言われる原因です。

 

基本的に農業は個人事業です。会社員のように労働時間が決められていません。

 

そのぶん自由度は高いのですが、収穫期はいそがしく、休むことがむずかしい現実があります。

 

また、給料が完全に保証されておらず、「成果主義」なので、休みの日でも仕事を忘れることはむずかしいでしょうし、天候次第では休日返上で働かなくてはなりません。

 

このように、農業は「体力」・「時間の制約」の2つの面からキツいことは否めません。

 

「汚い」について

農作物をそだてるには、どうしても畑で作業する必要があります。

 

畑には土・草などがありますし、虫もたくさん。汚いと感じる人もいるでしょう。

(私もゲジが苦手なので、ヒーヒー言いながら畑作業をしました。)

 

また、夏場は暑く、炎天下の作業ですので、汗もたくさんかきます。

 

こういったことから、農業は汚いというイメージがあるのかもしれません。

 

「危険」について

農業は多くの機械を使用します。かつ、手入れも自分でおこなうことがほとんどです。(壊れた場合はJAに持っていけば修理してもらえますが)

 

このことから、どうしても危険と隣り合わせなのが事実です。

 

 

とはいえ既述の通り、テクノロジーの進歩により、以前よりは危険性が解消されてきています。

 

農家さんにヒアリングした際も、危険性については脅威に感じている方はほとんどいない印象でした。

 

もちろんデスクワークよりも危険であることは事実ですが、ある程度気をつけていれば大きな事故は起こりません。

 

農業のイメージは新3Kの時代へ

農業の新3k

以上、ここまで3Kの実態を述べてきました。

 

結論から述べると、危険性は減ってきているものの、やはり「キツい」「汚い」の2点は否定しきれない部分がある…といった形です。

 

しかし、これらは農業の「悪い面」だけに注目しただけのもの。

 

どんな仕事にだって、良い面と悪い面があります。

 

デスクワークだって、体力的にはキツくないですが、精神的に「キツい」ですから。

 

悪い面だけを見れば、どの職業も魅力的に感じなくなってしまいます。

 

繰り返しになりますが、既存の3Kは、農業の「悪い面」だけに注目したもの。

 

近頃は、農業の良い面が注目され始めたり、テクノロジーが進歩したことによって「新3K」という言葉が出てきています。

 

新3Kとは、「感動・かっこいい・稼げる」を指す言葉です。

 

これだけではイメージしづらいと思うので、それぞれについて解説していきますね。

 

「感動」について

既述のとおり、
農業は体力的にキツい仕事です。

 

体力的にキツいだけでなく、天候によって臨機応変に栽培方法を変えていくことが要求され、実はかなり「創意工夫」が必要となってくる職業。

 

しかし、そのぶん本当においしい作物が収穫できた感動も大きい…と多くの農家さんがお話しされています。

 

また、お客さまの喜びの声が心から嬉しいそうです。

 

「かっこいい」について

これは我々が農家さんと関わるなかで強く感じていることですが、農家さんは「経営者」としての側面が非常に大きい職業です。

 

「市場やJAのみに出荷する」という昔ながらの方法で農業を営んでいる方は「経営者」というよりも「職人」という印象ですが、近ごろは野菜の販路が拡大してきています。

 

そのため、自分で作物を育てたあと、その野菜をどのように売るか(スーパーに出したり、ネットで販売したり)まで考慮する農家さんが増えてきているのです。

 

その姿はさながら「経営者」。

 

しかも自分で作物を育てているので、いわゆる「メーカー」みたいなものですよね。利益も自分が総取りできます。

 

お話ししていて感じるのですが、農家さんは記憶力に優れ、頭の回転が早い方が多いです。

 

本当に「かっこいい」と感じます。

 

ちなみに、農家さんのファッションも「かっこよく」なってきています。

 

昔ながらの農業服はどうしても地味なデザインで、機能性のみを重視したものが多かったように思えます。

 

しかし、近ごろはおしゃれに凝った農業用の服や帽子が増えてきました。

 

ちなみに私服(私生活?)に関しても、特に若い世代の農家さんは高級車を乗り回していたり、ハイブランドの服を着ていたり…とかっこいい方が多数いらっしゃいます。

 

「稼げる」について

農業は稼げる

先ほどの「かっこいい」の項目を読んで薄々感じているかもしれませんが、稼いでいる農家さんは本当に稼いでいます。

 

先祖代々受け継いできた土地を活用して、ほとんど不動産収入で生活している農家さんもいらっしゃいますし、

新規就農した農家さんでも、ネット販売を活用するなど、販路を工夫して数千万円規模で稼いでいる方がいます。

 

先ほど述べたとおり、近ごろは作物の販路が増えてきています。

 

販路が広がっているということは、それだけ収入を増やす戦略に幅があるということ。

 

農家さんは経営者としての側面が大きい職業。会社員では稼げないだけのお金を稼げる可能性があるのです。

 

農業3Kまとめ

農業3kまとめ

以上、農業3Kについてでした。

 

マイナスなイメージの「旧3K」があることは事実ですが、これは農業の悪い面だけに着目した考え方です。

 

「新3K」のように、農業には良い面もたくさんあることを知っていただけたら幸いです。

 

ぜひ、「感動・かっこいい・稼げる」最高の職業である農業に携わってみてはいかがでしょうか?

 

農業体験・週末農業をしたい方は「シェア畑」がおすすめ!

  • 農具、種、苗を完備しているので手ぶらで行ける
  • プロのサポート付き
  • 好きなときに通える
  • 駐車場完備

このような、圧倒的に親切なサービスでどんどん拡大しているのが【シェア畑】

 

私たちファームコネクトも農業体験に興味があり、色々な農家さんから話を聞きましたが、数あるサービスのなかでも群を抜いて良いサービスを提供しているとのこと。

 

プロお墨付きのサービスを活用して、「自分がそだてた新鮮野菜をおいしく食べる」体験をしてみませんか?

 

無料で見学可能ですので、農業に興味がある方は気軽に一度チェックしてみてはいかがでしょう↓

 

【農家さん向け】無料プレゼントがございます

ファームコネクトは創業以来多数の農家さんのネット販売を支援し、実績を残してきました。

 

サポートしている農家さんの中には、契約してから2ヶ月で日商29万円を記録したり、半日で売上36万円を達成した農家さんも。

 

↑実際の受注画面。販売開始と同時に注文の嵐が吹き荒れました。

 

そんなファームコネクトですが、このたび「ネット販売の始め方」および「売上アップ方法」を電子書籍にまとめ、無料プレゼントする運びとなりました!

 

書籍の感想をいただき、それをもとに改善を重ねたのち、Amazonにて有料販売する予定です。

  • 新しい販路を開拓して農園の収益をアップさせたい
  • ネット販売に興味があるけど最適な方法が分からない

こんな方はぜひお手にとって頂けましたら幸いです。

詳細はこちらのページをご覧ください。

 

プレゼントの詳細を見てみる

 

-農家になるには
-

© 2021 ファームコネクト