農業経営

農家さんに送料の決め方と安く抑える方法を解説!【農産物のネット販売】

農家さんに送料の決め方と安く抑える方法を解説!【農産物のネット販売】
送料の決め方ってどうしたらいいの?野菜のネット販売を始めたいけど、送料が決まらなくて困ってる。野菜はただでさえ利益の確保が難しいから、少しでも得できるようにしたい。

 

こんな方に向けた記事です。

 

本記事の内容

  • 送料の設定パターンとそれぞれのメリットデメリット
  • 送料の決め方および考慮すべきこと
  • 送料を安く抑える方法

この記事は、千葉県船橋市にある農家さんのネット販売支援団体【ファームコネクト】が書いています。

 

2020年9月に創業とまだ若いですが【船橋市役所農水産課】様や【船橋市観光協会】様にも応援いただいている組織です。

 

HPを作成したり、SNS運用代行したり、web広告を運用したり…

 

様々な媒体を活用して、農家さんのIT進出をお手伝いしています。

ファームコネクトのプロフィール
プロフィール

続きを見る

 

今回は、配送業者のヤマト運輸さんを例に出して解説していきます。

 

それでは参りましょう!

 

送料の決め方にはどんなものがある?それぞれのメリットデメリット

送料の設定パターン

まずは送料の設定パターンと、それぞれのメリットデメリットをお伝えしていきます。

 

この章で送料設定に関する全体像を掴んでいただけると幸いです。

 

全国一律

全国どこでも同じ送料でお届けするもの。

 

農家さんにとっても消費者にとっても分かりやすい、シンプルな設定方法です。

 

お客様からすると、遠方の人であればあるほどお得感を抱きます。

 

例えば北海道や沖縄に住んでいる人にとって、全国一律送料は非常に魅力的であるといえるでしょう。

 

メリット

  • とにかくシンプルで分かりやすい

 

デメリット

  • 配送先、商品によっては農家さんの利益が少なくなる(遠方からのオーダーが多ければ送料の負担額が大きくなる)

 

設定のアドバイス

注文が多い地域を調べ、その結果をもとに損が出にくい料金を設定する。ライバル店が全国一律にしている際は、その送料設定も参考にする。

 

一定額購入したら無料

「一定量 購入いただいたら送料を無料にする」設定方法。

 

「3,000円以上お買い上げて送料無料!」という表記をよく見ると思います。

 

客単価を上げるのに効果的な施策であるため、導入しているネットショップは多いです。

 

しかし、農作物には不向きと言えます。

 

なぜなら農作物は、注文量が増えたらそのぶん大きなダンボールが必要となり、農家さんが負担する送料も増えるからです。

 

化粧品や健康食品など、小さくて大量購入されても送料が変わらない商品に向いていると言えます。

 

メリット

  • 購買意欲を高め、客単価を上げることができる

 

デメリット

  • 送料無料になった場合、こちらが多額の送料を負担する必要がある

 

設定のアドバイス

農作物にはあまり向いていない。それでも設定する場合は、お客さんごとの平均単価やダンボールの大きさごとの送料を考慮して設定する必要がある

 

配送先の地域別に送料設定

配送先の地域ごとに送料を設定する方法。距離に準じた送料が設定できるので平等ですね。

 

メリット

  • 農家さんと消費者ともに納得感の強い送料が設定できる

 

デメリット

  • 遠方のお客様にとって送料がネックとなり、購入を控える可能性がある
  • 大きな商品の注文が多いと損をする可能性が生じる

 

設定のアドバイス

「商品のサイズごとに送料を設定する方法」と組み合わせると送料で損をすることがなくなる(詳細は後述)

 

商品のサイズごとに設定する

送料は、商品のサイズ・重さが大きくなるほど高くなります。

 

極端な例ですが、スイカと枝豆では送料が1,000円弱も違いが生じるのです。

 

そのため様々な商品を扱っている農家さんは商品ごとに設定する必要があります。

 

メリット

  • 商品よりも送料の方が高い状態を避けられる

 

デメリット

  • 設定が面倒
  • 遠方からの注文が多いと損失が生じる

 

設定のアドバイス

「配送先の地域別に送料を設定する方法」と組み合わせると送料で損をすることがなくなる(詳細は後述)

 

送料完全無料

impressさんによると消費者はネットショップ業者に「配送スピード」と「送料無料」を特に求めているとのこと。

 

それだけニーズがあるのが「送料無料」なので、そのぶん売上に貢献しやすい設定方法といえます。

 

メリット

  • とにかくシンプルでわかりやすい
  • 消費者からするとお得に感じるため購買に繋がりやすい

 

デメリット

  • 農家さんの利益が減る

 

設定のアドバイス

購買には繋がりやすいが、注文されればされるほど利益が減ってくという状況に陥りやすいため、あまり推奨できない

 

送料の決め方と考慮すべきこと

送料の決め方と考慮すべきこと

送料パターンの全体像をお伝えしたので、ここからは具体的な設定方法についてお伝えしていきます。

 

たくさんありすぎて頭がこんがらがってきた。結局どうすればいいの?

こんな方にむけてファームコネクトが推奨する送料設定方法をお伝えすると、以下の2通りになります。

  • 商品自体の単価を上げて、送料無料で販売
  • 「配送先地域」×「商品サイズ」で送料設定する

それぞれ解説していきますね。

 

商品自体の単価を上げて、送料無料で販売

先ほど「送料完全無料」の項で、送料無料はあまり推奨できないとお伝えしました。

 

しかし、とある工夫を行った場合は送料無料にしても問題ありません。

 

それが「商品単価を、送料を含めたものにしてしまう」こと。

 

そうすれば一見商品が高く見えるものの、送料無料であることから、消費者に購入してもらえる可能性が高まります。

 

仮にこの手法を採用するのであれば、商品販売ページにて送料無料であることを強くアピールすると良いでしょう。

 

「配送先地域」×「商品サイズ」で送料設定する

配送先地域・商品サイズの両者を考慮して送料設定することで、農家さんが送料で損する可能性をゼロにできます。

 

設定が複雑そうだし、面倒くさそう

こう感じるかもしれませんが、実は配送業者がそれぞれ送料の一覧表を作ってくれています。

 

例えばヤマト運輸の送料はこちらから確認できます。

 

この通りに設定することで、最も平等な送料が設定できるのでオススメです。

 

とはいえ、引き続き遠方の消費者からすると送料が高くなってしまうというデメリットがありますが、これは仕方のない部分だと割り切るしかありません。

 

送料を安く抑える方法

送料を安く抑える方法

送料設定方法を決めたら、次は少しでも送料を安くできるよう工夫していきましょう。

 

結論から述べると、以下の3点を行うことで送料を安く済ませることができる場合があります。

  • 安価な配送サービスを使う
  • 配送業者と法人契約する
  • 会員登録しておく

それぞれ解説してきますね。

 

安価な配送サービスを使う

  • ヤマト運輸であればネコポス
  • 日本郵便であればクリックポスト

配送業者によっては、このようなポスト投函タイプのメール便を用意しています。

 

これらは送料が安価で、お客様が不在でも受け取れるなど、農家さんにとっても消費者にとってもメリットが多いもの。

 

ファームコネクトの周りにも枝豆やにんにく、落花生をネコポスで送っている農家さんがいます。

 

特にネコポスは、全国送料一律で送料も安いサービスなのでオススメです。

 

一定の配送量を確保して配送業者と法人契約する

ある程度の物量が見込める場合は、配送業者と法人契約することで送料が割安になります。

 

ファームコネクトがお世話になっている農家さんにも、配送業者に交渉して送料を安くしてもらっている方がいます。

 

本記事の筆者も前職でネコポスを利用した際は、通常料金385円→約200円弱まで安くしてもらいました。

 

会員登録をしておく

配送業者によっては、事前に会員登録しておくことで送料を安くできます。

 

例えば、ヤマト運輸だとクロネコメンバーズというものがあり、会員登録するだけで1件につき100円以上も割引可能。

 

また、割引以外にもパソコンやスマホで送り状を事前に作成できるなど、メリット多数です。

 

基本的には、どの配送業者もこういったサービスをやっていますので、ぜひご覧になってください。

 

送料の決め方まとめ

送料の決め方

以上、送料の決め方についてでした。

 

送料は安い方が販売促進できますが、それに固執すると自分の首を絞めることになってしまいます。

 

全体を通して、本質的な解決策は「送料が高くても購入してもらえるようなマーケティングを行うこと」だと思います。

 

SNSやDMを活用して濃いファンを創出したり、商品の魅力を適切にアピールしたり、あるいは送料を気にしないような富裕層の方をターゲットに商売を展開したり…

 

このような施策を行い、送料が高くても購入してもらう環境を作り上げることで、送料問題は解決できます。

 

例えば、ファームコネクトがお手伝いしている かまくら農園様のケースでは、「送料の方が商品よりも高い」あるは「送料と商品単価がほぼ同一」だったにも関わらず、野菜セットを販売してからわずか40分で売り切れてしまいました。

 

適切な販促を行えばこのような状況も出来上がりますので、そこを目指してみるのが最良の手段だと思います。

 

そして上記のような状況を作り上げるには「まずは始めること」が大切です。

 

ウンウン悩んでネット販売を始められないよりは、なんとなくで送料を設定して「やりながら調整していく」ことを推奨します。

 

とにかく始めてみましょう!

 

それでは、ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

 

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

※ネット販売関連の知識を以下にまとめているので、よかったらご覧ください。

農家さんによる野菜・果物(農産物)ネット販売の流れ!【保存版】
農家さんによる野菜・果物(農産物)ネット販売の流れ!【保存版】

続きを見る

 

農家さんのネット販売を支援しています

船橋市役所農水産課

船橋市観光協会

  • 新しく販路を開拓して農園の収益をアップさせたい
  • ネット販売に興味があるけど最適な方法が分からない
  • 誰かに頼みたいけど、騙されたりしたら怖いし、信頼できる人や会社が分からない
  • 販売はプロに任せて自分は生産に集中したい

こんな農家さんに向けて、本サイトの運用団体であるファームコネクトはネット販売を支援しています。

 

サポートしている農家さんの中には、ネットでの発信を開始して1ヶ月半で日商29万円を記録したり、半日で売上36万円を達成した農家さんも。

 

↑実際の受注画面。販売開始と同時に注文の嵐が吹き荒れました。

 

ファームコネクトは農業専門のネット販売サポーターとして、「農作物の販売」に特化したノウハウを駆使することで農園の収益アップに貢献します。

 

少しでも興味のある方はサービス詳細ページをご覧くださいませ。

\詳細はこちらから/

サービス詳細を見てみる

料金やサービス内容、よくある質問等を記載しているページに移行します。

-農業経営
-

© 2021 ファームコネクト